コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耿継茂 こうけいもGeng Ji-mao; Kêng Chi-mao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耿継茂
こうけいも
Geng Ji-mao; Kêng Chi-mao

[生]?
[没]康煕10(1671).5. 福州
中国,清初の武将。正黄旗漢軍旗人。諡は忠敏。遼寧省蓋平出身の武将耿仲明長子。順治の初め世職の昂邦章京 (総兵官) となり,順治6 (1649) 年,父仲明の自殺により代ってその軍を統率。同8年,順治帝親政となるに及んで父の靖南王の爵を継ぎ,広州を攻略して同 13年に尚可喜とともに藩府を開いて軍政,民政をほしいままにした。同 16年四川移駐を命じられ,翌年福建移駐に改められ,福建の靖南王藩として威をふるった。福建にあって鄭成功,成錦一族の反清復明運動を攻撃し,これを大敗させた。康煕 10 (71) 年に病気のため長子の耿精忠に藩務を代理させ,同年5月に死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耿継茂
こうけいも
(?―1671)

中国、清(しん)初の武将。靖南(せいなん)王耿仲明の長子。諡(おくりな)は忠敏(ちゅうびん)。漢軍正黄旗人。1649年、父とともに広東(カントン)の南明(なんみん)勢力征討に出発、父が途中で死ぬと、その部隊を率い、平南王尚可喜(しょうかき)とともに広東を平定し、その功により靖南王を継いだ。その後、過重な兵糧徴発が問題化したため、60年福建に移されて、鄭成功(ていせいこう)率いる反清軍と戦い、成功死後の鄭氏の内紛を利用して鄭氏勢力を弱め、厦門(アモイ)、金門などを攻略した。死後は、長子精忠が靖南王を継いだ。[岸本美緒]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の耿継茂の言及

【耿仲明】より

…49年靖南王に改封され,広東へ南征の途中,罪を問われて自殺した。子の耿継茂が王爵を継ぎ,広州ついで福州に駐した。清初の三藩の一つで,孫の耿精忠は呉三桂に呼応して三藩の乱をおこした。…

※「耿継茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耿継茂の関連キーワード三藩の乱呉三桂康煕帝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android