肉叢(読み)シシムラ

デジタル大辞泉 「肉叢」の意味・読み・例文・類語

しし‐むら【×叢】

肉のかたまり。肉塊。また、肉体
「血をすすり―を尽すとも」〈一葉・別れ霜〉
[類語]たい身体しんたい肉体体躯たいく図体ずうたい肢体したい五体ごたい全身満身総身そうしん・そうみ人身じんしん人体生体ボディー肉塊骨身

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「肉叢」の意味・読み・例文・類語

しし‐むら【肉叢】

〘名〙
一片の肉のかたまり。肉塊。
霊異記(810‐824)下「懐妊して、〈略〉一つの肉団(シシムラ)を産み生す〈真福寺本訓釈 肉団 シシム良 下音断〉」
※天草本伊曾保(1593)犬が肉を含んだ事「アル イヌ xiximurauo(シシムラヲ) フクンデ カワヲ ワタルニ」
身体。肉体。
御伽草子・ささやき竹(室町末)「にぐる女のししむらうるはしきはとらへて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android