コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺門リンパ節結核 ハイモンリンパセツケッカク

3件 の用語解説(肺門リンパ節結核の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいもんリンパせつ‐けっかく【肺門リンパ節結核】

肺結核の初期にみられる病変のうち、肺門リンパ節初感染の病巣をつくるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はいもんリンパせつけっかく【肺門リンパ節結核 tuberculosis of the hilar lymph nodes】

結核菌初感染に次いで起こる肺門リンパ節腫張のこと。すなわち,結核菌が初めて生体に侵入したとき生体に特有の炎症を起こすが,これを初感染と呼び,次いで起こる所属リンパ節の病変とをあわせて初期変化群と呼ぶ。結核は90%以上が経気道感染であるため,初感染巣は肺に形成され,これに対応して肺門リンパ節の病変が起こる。このリンパ節病変の程度は個人差が大きく,通常はリンパ節内の一部にとどまることが多いが,宿主の抵抗力が低下している場合や,菌量,毒力が強い場合には,リンパ節腫張がスズメの卵大からニワトリの卵大に達することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺門リンパ節結核
はいもんりんぱせつけっかく

もっとも多い初期結核症で、結核菌が未感染の個体の肺胞まで到着して初感染原発巣をつくると、菌は過敏性も免疫もまだ獲得しないうちにリンパの流れにのって所属リンパ節に流入し、初感染リンパ節巣を形成する。病勢の盛んなときは縦隔リンパ節にも連続的に罹患(りかん)し、最終的には右静脈角リンパ節より菌が血流に流入しやすい。肺門リンパ節腫大(しゅだい)が著しいと、小児ではときに気管支を圧迫して無気肺をおこすこともある。肺門リンパ節乾酪化巣が癒着した気管支壁を侵食して腔(くう)内に穿孔(せんこう)し、乾酪物質の吸引による結核性肺炎がおこることもある。かつては小児期や思春期の疾患とされていた肺門リンパ節結核が、初感染年齢の高齢化とともに成人にもみられるようになったので、注意を要する。治療は肺結核に準ずる。[山口智道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肺門リンパ節結核の言及

【小児結核】より

…X線写真ではリンパ節病巣だけが写ることが多いが,原発巣が大きいと両方が対になって写り,これを初期変化群と呼んでいる。リンパ節病巣だけが写るものは肺門リンパ節結核といい,小児結核のなかで最も多い。無症状のものが少なくないが,不定の症状(咳,食欲不振,発熱,顔色不良など)をあらわすものが多い。…

【肺結核】より

…家族内感染のような乳幼児の濃厚感染例に多くみられる。肺門リンパ節結核は一つの病型で,肺門リンパ節が腫大して起こる。自覚症状は軽く,ほとんど無自覚のこともある。…

※「肺門リンパ節結核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肺門リンパ節結核の関連キーワード肺門リンパ節濃厚感染肺門瘰癧初感染鼠蹊リンパ節リンパ節腫類似リンパ節病変の法則