コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃切除後症候群

2件 の用語解説(胃切除後症候群の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

胃切除後症候群

 →ダンピング症候群

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

胃切除後症候群【いせつじょごしょうこうぐん】

胃切除によって生じる後遺症のうち,後期に起こる障害の総称。手術後早期に起こるものは,胃切除合併症として区別される。どのような後遺症がどの位の頻度によって起こるかは,胃切除の範囲,切除後の消化器再建術の術式,あるいは迷走神経切断術を行ったかどうかによって大きく異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

胃切除後症候群の関連キーワード基音球状船首子嚢音色熱起電力解除権後遺症法律効果胃切除えん(嚥)下

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone