コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃神経症(神経性胃炎) いしんけいしょうしんけいせいいえんGastric Neurosis

1件 の用語解説(胃神経症(神経性胃炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いしんけいしょうしんけいせいいえん【胃神経症(神経性胃炎) Gastric Neurosis】

[どんな病気か]
 吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)、上腹部のもたれや不快感・膨満感(ぼうまんかん)、げっぷなどの上腹部症状を訴えますが、その原因となる身体的(器質的)病変や異常がみられない状態をいいます。
 精神的・心理的問題が原因と考えられていますが、少なくとも一部はNUD(コラム上腹部不定愁訴(NUD)」)といえます。
[症状]
 吐き気・嘔吐、上腹部のもたれや不快感、腹部膨満感、げっぷなどの症状が現われます。
[検査と診断]
 血液・便検査、X線検査、内視鏡検査、腹部超音波検査などによって、胃潰瘍(いかいよう)・胃がんなどの疾患や身体的異常がないことを確認する必要があります。
 場合によっては、食道内圧検査、胃排出能検査、性格検査などを行なうことがあります。
[治療]
 まず、疾患や身体的異常がなく、基本的に寿命に影響がないことを、患者さんに説明して安心してもらうことが必要です。
 過労、心理的ストレス、生活習慣の乱れがあれば、是正・改善します。薬では、消化管機能改善薬が有効なこともあります。さらに、心療内科や精神科で治療を受けることも必要です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone