胸囲(読み)キョウイ

世界大百科事典 第2版の解説

きょうい【胸囲 girth of the chest】

胸部周の長さをいい,胸郭の発達状況を示す指標となる。背側の肩甲骨下端と前面の乳頭を結ぶ胸部周囲の長さを測定するが,乳房の発達した女性の場合は乳房の上方で測定する。胸囲は新生児では頭囲よりも小さいが,生後数ヵ月で頭囲を追い越し,男で18歳,女で16歳ごろ,成人の値に達する。身体検査【鈴木 健三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうい【胸囲】

乳首の下で測った胸回りの長さ。女子の場合は、乳房隆起の上端で測る。胸回り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐い ‥ヰ【胸囲】

〘名〙 胸の周囲の長さ。男性は乳首のすぐ下の位置で、女性は乳房の上端の位置で測る。むねまわり。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉四「測量せし我活力は左の如し〈略〉胸囲 常時 二五〇 空虚 二四〇 充盈 二七六」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

胸囲の関連情報