脳神経系の検査

四訂版 病院で受ける検査がわかる本の解説

脳神経系の検査

脳神経系のおもな検査と病気


●頭部CT検査(→参照

 ⇒脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などを検査します。

●頭部血管造影検査(→参照

 ⇒脳動脈瘤、クモ膜下出血、脳出血、脳腫瘍などを検査します。

●脳シンチグラフィ検査(→参照

 ⇒脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などを検査します。

●腰椎穿刺せんし検査(→参照

 ⇒髄膜炎や脳腫瘍、クモ膜下出血などを検査します。

●MR検査(→参照

 ⇒脳梗塞、脳動脈瘤、脳出血、クモ膜下出血、脳腫瘍、認知症などを検査します。

 脳は、大脳、小脳、およびそれらに包まれた脳幹(中脳・橋・延髄)からなり、120億以上の神経細胞(ニューロン)で構成されています。脳幹からは、神経線維の束である脊髄せきずいが、背中の中心を通って腰のあたりまで伸びています。脳と脊髄の神経を中枢神経、脳と脊髄から外に伸びる神経を末梢神経といいます。

 脳神経系のおもな病気には、以下のようなものがあります。

●脳梗塞

 脳の血管がつまって、脳の一部に障害がおこる状態。おもな症状は、半身の麻痺まひ、感覚の低下、構音障害(発声しずらくなる)、手足の運動障害、しびれ、意識障害、言語障害、昏睡こんすいなど。

●脳出血

 脳内の細い血管が破れて出血した状態。おもな症状は脳梗塞と同様で、意識障害、半身麻痺など。

●クモ膜下出血

 クモ膜下腔という髄液に満たされた部分に出血がおきた状態。おもな症状は、頭痛、吐き気・嘔吐おうと、意識消失など。

●脳動脈瘤

 脳の動脈の分岐部にふくらみができるもの。クモ膜下出血の最大原因。症状はほとんどない。

●脳腫瘍

 頭蓋骨の内側にできる腫瘍の総称。神経こう腫、髄膜腫、下垂体腺腫、聴神経腫瘍などがある。おもな症状は、頭痛、吐き気・嘔吐、痙攣けいれん発作、片麻痺、意識障害など。

●てんかん

 脳の神経細胞の異常興奮によって発作がおこる状態。発作には、①大発作……突然意識を失い、全身の痙攣とともに倒れる、②部分発作……顔や手足など体の一部の痙攣発作、③小発作……短い意識喪失発作などがある。

●髄膜炎

 おもに脳のクモ膜と軟膜の部分におきた炎症。おもな症状は、頭痛、発熱、吐き気・嘔吐、頂部硬直など。

出典 法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」四訂版 病院で受ける検査がわかる本について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android