コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰越状 こしごえじょう

5件 の用語解説(腰越状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腰越状
こしごえじょう

文治1 (1185) 年5月 24日,源義経が兄頼朝の不興を解くため,相模腰越駅から大江広元に斡旋を依頼した書状。義経が平家追討の功により,頼朝の意に反して朝官に任じられたり,専横な行為をしたとして,頼朝は鎌倉への凱旋を許さなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こしごえ‐じょう〔‐ジヤウ〕【腰越状】

文治元年(1185)平家討滅後、源義経が兄頼朝の命に反したという理由で鎌倉に入ることを許されず、無実を訴えて腰越から大江広元あてに、頼朝へのとりなしを依頼して出したという書状。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こしごえじょう【腰越状】

1185年(文治1)5月,源頼朝の不興を被って鎌倉入りを拒まれ,鎌倉の外の腰越にとどめられた源義経が,大江広元に取りなしを求めた書状。《吾妻鏡》に全文を収めるが,その真偽については不明である。平氏を滅ぼす戦功をたてた義経に対し,頼朝がこの措置に出たのは,義経が鎌倉政権の承認を経ないで朝廷の任官を受けたためであり,本書状によっても義経が鎌倉に入ることは実現しなかった。【細川 涼一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こしごえじょう【腰越状】

1185年、源義経が相模国腰越から鎌倉の大江広元にあてて出した書状。兄頼朝の不興をかった義経が無実を訴え、そのとりなしを依頼したもの。「吾妻鏡」に収録されているが真偽不詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰越状
こしごえじょう

源義経(よしつね)が書いたと伝えられる書状。義経は1185年(文治1)3月、平氏を壇ノ浦に滅ぼし、宗盛(むねもり)父子を俘虜(ふりょ)として伴い相模(さがみ)の腰越(鎌倉市内)まで帰ってきたが、兄頼朝(よりとも)の不興を買って鎌倉に入るのを許されなかった。そこで同年5月24日、腰越から幕府の重臣大江広元(おおえのひろもと)にあてて、頼朝へのとりなしを頼んで書いたと伝えられる。全文は『吾妻鏡(あづまかがみ)』に載せられているが、真偽については疑問がもたれている。結局、願いはいれられず、むなしく京都に引き返した。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の腰越状の言及

【義経腰越状】より

…3段。通称《五斗三番叟(ごとさんばそう)》,《腰越状》。千簬荘主人,一説には並木永輔作。…

※「腰越状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腰越状の関連キーワード文治河越重頼妻昌寛千葉常安波多野義景藤原頼経(1)源兼能毛呂季光安田義資山名重国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腰越状の関連情報