コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腺病質 せんびょうしつscrofulosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腺病質
せんびょうしつ
scrofulosis

骨細で胸部の扁平な,頸部リンパ節がはれやすい,いわゆる無力体質,あるいは神経質など,虚弱児の状態を総称していう場合が多い。通俗的に,病気ではないが病気になりやすい子供のことをいう。以前は滲出性,アレルギー性,あるいは胸腺リンパ体質小児結核に感染した状態を呼んだこともあった。医学的には明確な概念ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんびょう‐しつ〔センビヤウ‐〕【腺病質】

体格が貧弱で貧血ぎみの、虚弱で神経質な子供の体質頸部(けいぶ)リンパ節結核のみられることが多かったところからの称。現在ほとんど用いられない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんびょうしつ【腺病質】

俗語としては,結核にかかりやすい弱々しい体質という程度の意味で用いられてきた。医学用語としてはscrofulosisの訳語で,結核感染に関連したアレルギー反応による症候群とされており,小児とくに幼児期にみられるものである。症状は,湿疹,眼のフリクテン(星目ともいう。角膜の病気)や結膜炎,眼瞼炎,鼻炎,口唇炎などとともに,頸部その他のリンパ腺が腫張し,特有の顔貌を呈する。近年における結核の激減によって,このような患者をみることはなくなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんびょうしつ【腺病質】

体格が悪く、貧血や湿疹などを起こしやすい病弱な小児の状態。また、一般に体質虚弱で神経質なさまにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腺病質
せんびょうしつ

体格が細く、一般に弱い体とみなされ、頸(けい)部のリンパ節が腫(は)れているような小児に対して、昔から俗に用いられていたことばであるが、医学的には明らかな概念をもっていない。欧米の医学用語としては、いわゆる「るいれき(瘰癧)」がこれにあたる。るいれきとは、小児、とくに胸腺リンパ体質の子供の頸部リンパ節が結核性病変のために腫脹(しゅちょう)したものをさし、皮膚の湿疹(しっしん)、目の角膜におこる小結節すなわちフリクテン、口唇および鼻粘膜の炎症などの病変を伴って特異な顔つきになることを意味している。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腺病質の関連キーワードるいれき田辺 潔渡辺体格

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android