臨写(読み)リンシャ

デジタル大辞泉 「臨写」の意味・読み・例文・類語

りん‐しゃ【臨写】

[名](スル)原本手本を見て字や絵などをかき写すこと。「名筆臨写する」
[類語]写す書き写す書き取る転記する謄写する筆写する手写する書写する透写するなぞるトレースする転写する・拓本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「臨写」の意味・読み・例文・類語

りん‐しゃ【臨写】

  1. 〘 名詞 〙 手本を見て写すこと。まねて写しとること。臨書
    1. [初出の実例]「紙〈略〉擣紙於石盤之上而施雲母汁於其上則其紙透徹宜写書画」(出典雍州府志(1684)七)
    2. [その他の文献]〔董逌‐遺教経跋〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「臨写」の読み・字形・画数・意味

【臨写】りんしや

する。

字通「臨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の臨写の言及

【臨摹】より

…中国で模写の一方法をいう。模写にはさまざまな方法があるが,臨とは原物をかたわらに置き,その形勢を写すやり方,臨写ともいう。摹とは原物の上に薄紙を置き透写(すきうつ)しする方法をいう。…

※「臨写」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android