臨写(読み)りんしゃ

精選版 日本国語大辞典「臨写」の解説

りん‐しゃ【臨写】

〘名〙 手本を見て写すこと。まねて写しとること。臨書
※雍州府志(1684)七「紙〈略〉擣紙於石盤之上而施雲母汁於其上則其紙透徹宜写書画」 〔董逌‐遺教経跋〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の臨写の言及

【臨摹】より

…中国で模写の一方法をいう。模写にはさまざまな方法があるが,臨とは原物をかたわらに置き,その形勢を写すやり方,臨写ともいう。摹とは原物の上に薄紙を置き透写(すきうつ)しする方法をいう。…

※「臨写」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android