コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船印 ふなじるし

3件 の用語解説(船印の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船印
ふなじるし

船の国籍や持主などを示す標識。 16世紀頃,中国大陸沿岸にまで活動範囲を広げた倭寇は「八幡大菩薩」と書いた船印を立てていたという。江戸時代,幕府や大名は,旗や帆に家紋その他の符号を記し,商船は,水押しに印をつけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふな‐じるし【船印/船標】

船の所有者や乗り手などを示すために船上に掲げたしるし。旗・幟(のぼり)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船印
ふなじるし

船の所有者や所属国(地)を明らかにするために用いる印。現在の船では大型船であれ小型漁船であれ、船側に船名や所属国(地)を記し、公海や国外航行の場合には船尾に国旗を立てて所属国を表す。歴史的にみると、船印が明確な形で登場し始めたのは中世以後のことで、それは、船の大型化に伴い経済・軍事的役割が高まり、海上交通が飛躍的に発達し、船の航行距離が拡大したことと関連しよう。中世以降近代までの帆船時代においては、船印となったのは帆に入れた紋様や船尾に掲げた旗であるが、中世以前の帆は一般に莚(むしろ)製の帆で、船印は入れられず、船印の登場は布帆の使用と時期的に対応する。印に用いられたのは、軍船では藩主の家紋が典型的で、たとえば文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役の日本丸には巴(ともえ)の紋が、徳川家の船には葵(あおい)の紋が帆に入れられた。また近世期膨大な数に上った商船や廻船(かいせん)では、船主の家紋や名前を1、2字使用した模様などが、帆や船尾に掲げる旗に描かれた。末吉(すえよし)船や末次(すえつぐ)船はその代表的なものである。一般漁民の小型船では近代に至るまで、櫓漕(ろこ)ぎや莚製の帆が大勢を占め、航行も沿岸に限られたため船印の伝統はなかった。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の船印の言及

【日の丸】より

…江戸時代に日の丸を重用したのは幕府である。将軍の御座船安宅丸(あたけまる)と天地丸は多数の日の丸の幟(のぼり)で装飾されていたし,1673年(延宝元)に年貢米廻漕のために雇った廻船に立てることを義務づけて以来,日の丸の幟(日の丸船印・朱の丸船印と呼ぶ)が幕府船の標識として常用された。また朱の丸の帆印は1799年(寛政11)から始まる幕府の第1次蝦夷地直轄時の赤船(あかふね)で使われている。…

※「船印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

船印の関連キーワード旗国法漁場標識距離標勾配標道路里程標指導標標結う灯浮標案内標識パルス標識

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船印の関連情報