コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船打込橋間白浪 フネヘウチコムハシマノシラナミ

世界大百科事典 第2版の解説

ふねへうちこむはしまのしらなみ【船打込橋間白浪】

歌舞伎狂言。世話物。3幕。通称《鋳掛松(いかけまつ)》。河竹黙阿弥作。1866年(慶応2)2月江戸守田座初演。鋳掛屋松五郎を4世市川小団次,文蔵妾お咲のちに鋳掛松女房を2世尾上菊次郎,島屋文蔵実は梵字の真五郎を3世関三十郎,森戸屋宗次郎を4世助高屋高助,お組を5世坂東三津五郎ほか。人情物の講談から取材した作で,黙阿弥一流のいわゆる白浪物の一つ。鋳掛職人の松五郎は,仕事の途中両国橋を通りかかる。折から川に浮かぶ遊山船から派手に遊ぶ騒ぎがきこえ,その情景をみているうち,金さえあれば遊んで暮らせると急に宗旨替えをし,仕事道具を川の中へ投げこんで悪の道に入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふねへうちこむはしまのしらなみ【船打込橋間白浪】

歌舞伎の一。世話物。河竹黙阿弥作。1866年江戸守田座初演。通称「鋳掛松いかけまつ」。鋳掛屋の松五郎は、両国橋の上から金持ちの船遊びを見て堅気の地道な生活に嫌気がさし、道具を川へ投げ込み盗賊となるが、のちに悪事を悔いて自害する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

船打込橋間白浪の関連キーワード歌舞伎狂言歌舞伎船遊び盗賊悪事

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android