昔馴染み(読み)ムカシナジミ

デジタル大辞泉 「昔馴染み」の意味・読み・例文・類語

むかし‐なじみ【昔×馴染み】

ずっと以前に親しかった人。また、ずっと以前から親しくしている人。「昔馴染みに出会う」「昔馴染み仲間がそろう」「女将おかみとは昔馴染みだ」
人に限らず、昔から親しくしているもの。かつて親しみを感じていたもの。「学生のころ住んだ町のラーメン屋で、昔馴染みの味を楽しむ」
[類語]面識顔馴染み顔見知り馴染み幼馴染み知人知り合い知己知音存じ寄り隣人旧友旧知旧識故人故旧古馴染み幼友達竹馬の友知る近付き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android