コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良弘(2) りょうこう

1件 の用語解説(良弘(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良弘(2) りょうこう

1635-? 江戸時代前期の俳人。
寛永12年生まれ。寛文のころから大和(奈良県)俳壇で知られた。晩年の10年間に「俳諧高天鶯(はいかいたかまうぐいす)」「俳諧替狂言」「三番続」「宝の市」の4部の前句付集を編集した。大和出身。本名は平野良弘。別号に不数,鶴寿軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良弘(2)の関連キーワード石垣永将スペイン演劇中国とアフリカの貿易道修町鄂爾多斯狩野山楽神谷宗湛グアドループ周期表フック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone