コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝居気 シバイギ

デジタル大辞泉の解説

しばい‐ぎ〔しばゐ‐〕【芝居気】

何か事をたくらんで、人が驚くのをおもしろがる気質。しばいげ。しばいっけ。「芝居気の多い人」
人前をつくろう気持ち。
芝居を演じる心構え。芝居ごころ。
芝居を好む気持ち。芝居ごころ。

しばい‐げ〔しばゐ‐〕【芝居気】

芝居気(しばいぎ)1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばいぎ【芝居気】

派手なことや変わったことをわざとして人の関心を引こうとする気持ち。しばいっけ。 「 -たっぷり」 「 -が多すぎる」
人前をかざろうとする気持ち。
芝居心しばいごころ 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

芝居気の関連キーワードちょぼくる勝ち過ぎるしゃぎる半井金陵三好松洛助右衛門芝居っ気巧なむ芝居心俯ける化他人前芸気

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芝居気の関連情報