コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦ノ牧温泉 あしノまきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦ノ牧温泉
あしノまきおんせん

福島県西部,会津若松市の南西部にある温泉。泉質硫酸塩泉,泉温は 50~60℃前後。温泉は大川の段丘上にある。古くからの湯治場で,宿泊施設が充実。日光街道 (国道 118号線) ,会津鉄道に沿い,会津若松市の奥座敷として発展した。大川羽鳥県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕芦ノ牧温泉(あしのまきおんせん)


福島県会津若松(あいづわかまつ)市南部、阿賀野(あがの)川(大川(おおかわ))の渓谷沿いにわく行楽向きの温泉。対岸の小谷(おや)温泉を合わせてよぶこともある。露天風呂温水プールなどを設けた豪華ホテルが林立。夏季はアユ釣り客でにぎわう。カルシウム・ナトリウム‐硫酸塩・塩化物泉。泉温73.5℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦ノ牧温泉
あしのまきおんせん

福島県西部、会津若松市南部にある温泉。大川羽鳥県立自然公園の一部。江戸時代には湯治場であったが、第二次世界大戦後、国道121号の改良で旅館も増え、東山(ひがしやま)温泉と並ぶ温泉場となった。泉質は硫酸塩泉。大川の断層破砕帯にあり、渓谷美に優れ、近くに釣り場などもある。会津鉄道が通じる。[原田 榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芦ノ牧温泉の関連キーワード福島県会津若松市大戸町芦牧福島県会津若松市会津若松(市)ネコ駅長ばすひがしやま阿賀野原田らぶ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芦ノ牧温泉の関連情報