コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村伊十郎(6代) よしむら いじゅうろう

2件 の用語解説(芳村伊十郎(6代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村伊十郎(6代) よしむら-いじゅうろう

1859*-1935 明治-昭和時代前期の長唄唄方。
安政5年12月17日生まれ。5代伊十郎(6代芳村伊三郎)の門弟。3代芳村金五郎,5代伊四郎をへて,明治26年6代伊十郎を襲名。長唄界を代表する名人となる。大正11年8代伊三郎の名をおくられたが,伊十郎のままとおした。昭和10年10月3日死去。78歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本名は鵜沢(うざわ)徳蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

芳村伊十郎(6代)

没年:昭和10.10.3(1935)
生年:安政5.12.17(1859.1.20)
明治から昭和にかけての長唄唄方。はじめ駿河国(静岡県)藤枝で5代目富士田千蔵に学んだ。16歳で上京したのちは5代目芳村伊十郎の門弟となり,明治26(1893)年に師が芳村家の家元名である6代目伊三郎を継ぐと同時に6代目伊十郎を襲名する。大正11(1922)年には8代目伊三郎の名を譲られるが結局,伊十郎で通した。常に13代目杵屋六左衛門と5代目杵屋勘五郎と共に活動し,明治37年には「長唄音楽会」を組織した。「楠公」「鏡獅子」などの初演を勤め,名人として終生,歌舞伎座帝国劇場などに出演,歌舞伎とともに歩んだ唄方であった。伊十郎の名跡は,昭和期の7代まで続いた。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芳村伊十郎(6代)の関連キーワード上田耕甫唐行き芳村伊十郎旧帝大小杉放菴ガラス乾板荻江ひさ稀音家浄観(2代)富士田吉治(3代)松永和風(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone