コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳賀町 はが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳賀〔町〕
はが

栃木県東部,下野平野の東部で五行川沿いにある町。 1954年祖母井 (うばがい) 町 (1928年町制) と水橋 (みずはし) ,南高根の2村が合体して成立。中心地区の祖母井は,江戸時代に関街道の宿場町として発達。東部と西部に台地が広がり,畑地が多く,ナシを産する。五行川などの流域では米作が行われ,58年から土地改良事業が進められて農地整備が完了。西部の台地に大規模な工業団地の造成が行われ,工場などが誘致された。面積 70.16km2。人口 1万5189(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芳賀町の関連情報