芸術草紙(読み)げいじゅつそうし(英語表記)Blätter für die Kunst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術草紙
げいじゅつそうし
Blätter für die Kunst

ドイツの詩人 S.ゲオルゲが創刊し主宰した文芸雑誌。 1892~1919年,C.A.クラインの編集で不定期的に 12号 (26冊) 刊行。詩を主体とし,同じ志をもつ特定の読者層だけを対象とした。フランス象徴派の影響下に,当時のドイツ文学の自然主義的傾向に反抗し,一切の政治的社会的傾向を排除して,貴族主義的な芸術至上主義の立場を取った。ゲオルゲを中心に,ホーフマンスタールウォルフスケール,L.クラーゲス,ヘリングラート,F.グンドルフ,E.ベルトラム,ダウテンダイらの若い詩人や批評家たちの作品が誌面をにぎわした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げいじゅつそうし〔ゲイジユツサウシ〕【芸術草紙】

《原題、〈ドイツ〉Die Blätter für die Kunst》ドイツの文芸同人誌。1892年創刊。ゲオルゲが主宰し、高踏的な詩作品を主に扱った。1919年まで不定期に刊行。寄稿者にホフマンスタール、ボルフスケール、グンドルフらがいる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸術草紙
げいじゅつそうし
Bltter fr die Kunst

ドイツの詩人シュテファン・ゲオルゲが1892年に創刊した少数の同人による詩誌。不定期刊行で1919年の第12巻まで続く。現実との交渉と効用を主眼とした自然主義に反旗を掲げ、流派の名称をつけず、同人の作品活動のみによって新しい感じ方と方法に基づく精神的芸術を目ざし、「芸術のための芸術」の立場にたつ。またボードレール、マラルメ、ランボーらの詩業を翻訳し、象徴派詩人をドイツに紹介する役を果たした。ホフマンスタール、グンドルフらが主要寄稿者。[林 秀之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android