コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗村神社 なむらじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苗村神社
なむらじんじゃ

滋賀県竜王町所在の神社。延喜式内社で,苗村 33ヵ村の産土神 (うぶすながみ) として古来より崇拝された。オオクニヌシノミコト,コトシロヌシノミコト,スサノオノミコトを祀る。東西に分れそれぞれ本殿がある。西本殿は,徳治3 (1308) 年の造立,鎌倉時代末期の本殿建築の代表的遺構で,国宝。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

苗村(なむら)神社

滋賀県蒲生郡竜王町にある神社。創祀は不明。祭神は那牟羅彦神(なむらひこのかみ)、那牟羅姫神(なむらひめのかみ)(東本殿)、國狭槌尊(くにのさつちのみこと)(西本殿)。西本殿は国宝、東本殿、八幡社本殿などは国の重要文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の苗村神社の言及

【竜王[町]】より

…北西端を中山道(現,国道8号線)が通り,鏡はその宿場であった。苗村(なむら)神社は旧苗村郷33ヵ村の総社で,国宝の西本殿をはじめ,多くの重要文化財をもつ。町の中央部を東西に走る名神高速道路に1981年竜王インターチェンジが開設された。…

※「苗村神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

苗村神社の関連キーワード滋賀県蒲生郡竜王町

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android