コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若月俊一 わかつきとしかず

百科事典マイペディアの解説

若月俊一【わかつきとしかず】

農村医学者。東京都生れ。1936年東京大学医学部卒業。1945年より長野県農業会佐久病院(JA長野厚生連佐久総合病院の前身)で勤務,外科医長,院長,総長,1998年から名誉総長を務めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若月俊一 わかつき-としかず

1910-2006 昭和-平成時代の医師。
明治43年6月26日生まれ。昭和20年長野県農業会佐久病院(現佐久総合病院)にはいり,21年院長,平成6年総長。無医地区の巡回診療,集団検診をおこない,全村健康管理方式を確立した。昭和27年日本農村医学会を設立し会長。51年マグサイサイ賞。平成18年8月22日死去。96歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「農村医学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の若月俊一の言及

【農村医学】より

…手の過労性腱鞘炎),〈腰曲り〉〈ぎっくり腰〉をはじめ,〈胆虫症〉〈冷え〉〈気がね病〉など,農村民に多発する特殊な疾患や災害についてであった。また,このほか農民に多い自覚症状である,肩こり,腰痛,手足のしびれ,夜間多尿,不眠等については,藤井敬三,若月俊一らによって〈農夫症〉として体系づけられた。さらに若月は,無医村的環境,経済的困難,農繁期の多忙等の社会的理由により,疾病を有しながら受診していないものを〈潜在疾病〉と名づけ,これを〈がまん型〉と〈気づかず型〉とに分類した。…

※「若月俊一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若月俊一の関連キーワード岩手農民大学農夫症

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若月俊一の関連情報