コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若月俊一 わかつきとしかず

2件 の用語解説(若月俊一の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

若月俊一【わかつきとしかず】

農村医学者。東京都生れ。1936年東京大学医学部卒業。1945年より長野県農業会佐久病院(JA長野厚生連佐久総合病院の前身)で勤務,外科医長,院長,総長,1998年から名誉総長を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若月俊一 わかつき-としかず

1910-2006 昭和-平成時代の医師。
明治43年6月26日生まれ。昭和20年長野県農業会佐久病院(現佐久総合病院)にはいり,21年院長,平成6年総長。無医地区の巡回診療,集団検診をおこない,全村健康管理方式を確立した。昭和27年日本農村医学会を設立し会長。51年マグサイサイ賞。平成18年8月22日死去。96歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「農村医学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の若月俊一の言及

【農村医学】より

…手の過労性腱鞘炎),〈腰曲り〉〈ぎっくり腰〉をはじめ,〈胆虫症〉〈冷え〉〈気がね病〉など,農村民に多発する特殊な疾患や災害についてであった。また,このほか農民に多い自覚症状である,肩こり,腰痛,手足のしびれ,夜間多尿,不眠等については,藤井敬三,若月俊一らによって〈農夫症〉として体系づけられた。さらに若月は,無医村的環境,経済的困難,農繁期の多忙等の社会的理由により,疾病を有しながら受診していないものを〈潜在疾病〉と名づけ,これを〈がまん型〉と〈気づかず型〉とに分類した。…

※「若月俊一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

若月俊一の関連キーワード東義国佐藤猛夫宗盛員高木顕竹熊宜孝羽田春兔馬場省二丸木清美由本正秋原中勝征

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若月俊一の関連情報