コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農村医学 のうそんいがく

2件 の用語解説(農村医学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農村医学
のうそんいがく

農村の自然的,社会的特性をふまえて,農村,農民に特有な健康問題を研究し,解決していこうとする社会医学の一分野。第2次世界大戦前からすでに高橋実,林俊一や倉敷労働科学研究所などの業績があったが,農村医学の名称が一般化したのは戦後,若月俊一らの活動によるところが大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうそんいがく【農村医学】

農村地域に特有な疾病や衛生問題などを扱う医学の一分野。農村地域に多い諸疾患を予防し,農民の健康増進を図ることを農村衛生という。第2次大戦前の日本の農村生活は,貧困な生計と過重な労働,不潔な環境を意味する以外のなにものでもなかった。当然そこには多くの健康障害があり,いわゆる〈農夫症〉や〈農民の早老〉をはじめ,多くの〈農村病〉が多発し,とくに伝染病や寄生虫病栄養失調症が広くみられた。農民の死亡率は乳幼児をはじめとして,全年齢層で高かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農村医学の関連キーワード社会問題思想劇土語希少疾病衛生兵公衆衛生学子嚢胞子特定農山村地域特待生問題有識者会議都市衛生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農村医学の関連情報