コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農村医学 のうそんいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農村医学
のうそんいがく

農村の自然的,社会的特性をふまえて,農村,農民に特有な健康問題を研究し,解決していこうとする社会医学の一分野。第2次世界大戦前からすでに高橋実,林俊一や倉敷労働科学研究所などの業績があったが,農村医学の名称が一般化したのは戦後,若月俊一らの活動によるところが大きい。林は農村医学の課題を「農村の保健衛生状態が詳細に報告され,その社会的=医学的病因が鮮明にされること」 (1944) とし,若月は農村の疾病を,(1) 農業労働的因子による農業病,(2) 農家の生活慣習的因子による農家病,(3) 農村の自然的,社会的衛生環境因子による農村病としてとらえ,実証研究や実践活動を積重ねてきている。農村医学はその社会医学的性格から,第一線の医療従事者をはじめとして幅広い分野の研究者によって進められてきたが,最近の農村の急激な変貌に伴う新たな健康問題に対処するためには,こうした広い分野の研究の共同がさらに必要となってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうそんいがく【農村医学】

農村地域に特有な疾病や衛生問題などを扱う医学の一分野。農村地域に多い諸疾患を予防し,農民の健康増進を図ることを農村衛生という。第2次大戦前の日本の農村生活は,貧困な生計と過重な労働,不潔な環境を意味する以外のなにものでもなかった。当然そこには多くの健康障害があり,いわゆる〈農夫症〉や〈農民の早老〉をはじめ,多くの〈農村病〉が多発し,とくに伝染病や寄生虫病,栄養失調症が広くみられた。農民の死亡率は乳幼児をはじめとして,全年齢層で高かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農村医学の関連キーワード臼田

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android