(読み)わかい

精選版 日本国語大辞典「若」の解説

わか・い【若】

〘形口〙 わか・し 〘形ク〙
① ある物が現われてからの時間が短い。人のほかに動植物にもいい、また、比喩的には月や季節にもいう。
(イ) 人や物が生まれたり発生したりしてから、まだあまり年がたっていない。幼年期である。いとけない。おさない。
※書紀(720)斉明四年五月・歌謡「射ゆ獣(しし)を つなぐ川辺の 若草の 倭柯倶(ワカク)ありきと 吾が思(も)はなくに」
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「足摺(あしず)りといふ事をして泣くさま、わかきこどものやうなり」
(ロ) 草木などが生え出てからあまり時がたっていない。萌え出たばかりである。
※万葉(8C後)一〇・二二六七「さを鹿の朝伏す小野の草若(わか)み隠らひかねて人に知らゆな」
(ハ) 月が見え始めてからあまり日がたたない。月齢が少ない。
※散木奇歌集(1128頃)夏「ほととぎす月わかしとや奥山のこぬれ隠れに声ならすらん」
(ニ) その季節になってからまだ日が浅い。
※改正増補和英語林集成(1886)「トキガ wakai(ワカイ)ニ サク」
② いかにも①のような状態である。
(イ) 声や様子などが、子どもらしい。あどけない。
※源氏(1001‐14頃)若紫「少納言がもとに寝むと宣ふ声いとわかし」
(ロ) 技量や物の考え方などが、未熟である。未完成である。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「こともなき御琴かな。すこしまだわかくぞあんなる」
(ハ) 実などが、十分成熟していない。
③ もう子どもではないが、まだ十分におとなではない。青年期である。若年である。平安貴族では、元服・裳着ののち、二〇歳ごろまでにいうことが多い。
※大智度論天安二年点(858)「幼きときには則ち父母に従ふ。少(ワカキ)ときには則ち夫に従ふ」
④ いかにも③のような状態である。生気に満ちあふれている。年齢に関係なく、見た目などが若々しい感じである。みずみずしい。
※万葉(8C後)九・一七四〇「若有(わかかり)し 膚(はだ)も皺みぬ 黒かりし 髪も白(しら)けぬ」
※宇津保(970‐999頃)春日詣「山べにふゆわかく野辺に春老いたり」
⑤ (他と比較して) 年齢が下である。年少である。
※野村和作宛吉田松陰書簡‐安政六年(1859)四月一四日「然れば五年は十年繋せられても吾尚四十歳のみ。足下更に弱(ワカ)し」
⑥ 数字や番号が、他と比べてゼロの方に近い。また、回数などが少ない。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉富士夫の文才「まだ回は若(ワカ)し〈略〉勝負にならぬとは限らない」
[補注]上代では、幼少の意の場合が多く、中古では青年期をさすことが多い。類義語「おさない」は、幼少で考え方がまだ未熟である意。
わか‐が・る
〘自ラ五(四)〙
わか‐げ
〘形動〙
わか‐さ
〘名〙

わかかえ わかかへ【若】

〘名〙 「わかくえ(若)」の変化したか。
※万葉(8C後)一六・三八七四「所射鹿(いゆしし)をつなぐ川辺の和草(にこぐさ)の身の若可倍(わかカヘ)にさ寝し児らはも」

もし【若】

[1] 〘副〙
① (仮定表現を伴って) 現実には存在しない事態を、仮に存在したらと想定する気持を表わす。仮に。万一。もしも。もしか。
※万葉(8C後)一九・四二三八「君が行(ゆき)(もし)久にあらば梅柳誰とともにかわが蘰(かづら)かむ」
※御伽草子・鉢かづき(室町末)「よもさやうにはあるまじけれども、もしまことならば、父の耳に入らぬさきに、鉢かづきをいだすべし」
② (疑問や推量の表現で) 確実ではないけれども、十分にあり得る事態を想定する気持を表わす。ひょっとしたら。あるいは。もしかして。もしや。もしか。もしも。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)九「此の魚は頭数為(若)し幾何か有る」
※平家(13C前)六「なんぢもし小督が行へや知りたる」
[2] 〘接続〙 同類の事態を列挙して、いずれも選択し得ることを示す。あるいは。
※百論天安二年点(858)「持戒をば若(もシ)口に語し、若(もシ)心に生し、若(もシ)戒を受けて〈略〉四種の口の邪行を作らじといふに名づく」

わか【若】

[1] (形容詞「わかい」の語幹) 若々しいこと。幼いこと。多く感動表現に用いる。
※秋成本落窪(10C後)一「あなわかと思はむこと恥づかしけれど」
[2] 〘名〙
① 若君、若子の意。主として、身分の高い家の男の幼児をさしていう。
※曾我物語(南北朝頃)三「三歳のわかをうしなはれ、あまつさへ女房さへとりかへされて」
② 少年。
※申楽談儀(1430)勧進の舞台、翁の事「翁面(おきなめん)の箱持つこと、賞翫(しゃうくゎん)の職也、大かた見様のよきを選ぶべし、若に似あひたる職也」
[3] 〘語素〙
名詞動詞と熟合して、若い、幼いのを加えて、複合名詞複合動詞などをつくる。「若者」「若芽」「若武者」「年若」「若返る」など。
② 一家の中のある地位が二代にわたる時、世代の新しい方を表わす語。「若旦那」「若奥様」など。
③ 名詞に付けて、幼少の男子の名を表わすのに用いる。

にゃく【若】

〘名〙
① (形動) 年のわかいこと。々しいこと。また、そのさま。若年。
※幸若・信太(室町末‐近世初)「君も若に御座る。我等も若者なれは、小山殿にいやしまれ」
② (形動) 柔弱なこと。また、そのさま。
※評判記・色道大鏡(1678)二「繻子の半ゑりよき物なれど、着手によりてにゃくに見え」
※梁塵秘抄(1179頃)二「大峯通るには、仏法修行する僧居たり、唯一人、若や子守は頭を摩でたまひ」
④ 男色、または、男色の相手をいう、僧侶の隠語。
※評判記・剥野老(1662)序「若の道はみなもととをふして其根ふかし」

じゃく【若】

[1] 〘名〙 (形動) 年齢が少ないこと。わかいこと。また、そのさま。
※浮世草子・武道継穂の梅(1688‐1704頃か)第一〇「小平太が下人佐五七は、いまだ若(ジャク)なり、まるごしなり」
[2] 〘形動タリ〙 落ち着いて動かないさま。ものに動じないさま。自若。
※歌舞伎・狭間軍記鳴海録(桶狭間合戦)(1870)序幕「一旦思ひ詰めたる諫言を御許容なきその内は、たとひ御咎め蒙るとも若(ジャク)として此の場を去らぬ」

わかくえ わかくへ【若】

〘名〙 若い時。若いころ。
※古事記(712)下・歌謡「引田(ひけた)の 若栗栖原(わかくるすばら) 和加久閇(ワカクヘ)に 率寝(ゐね)てましもの 老いにけるかも」
[補注]「若きうへ」の変化したものとの説がある。また、「え(へ)」については、「経(ふ)」の連用形が名詞化したものとも、「いにしへ」「とこしへ」の「へ」と同源ともいう。

わかや・る【若】

〘自ラ四〙 若々しく見える。若々しくある。
※古事記(712)上・歌謡「沫雪(あわゆき)の 和加夜流(ワカヤル)胸を 栲綱(たくづの)の 白き腕(ただむき)
[補注]「こゆ()」に対する「こやる」と同じく、動詞「わかゆ(若)」から派生した語で、「わか(若)」の意を持ち、その状態になることをいう動詞といわれる。

わか・ゆ【若】

〘自ヤ下二〙 若くなる。若やぐ
※書紀(720)皇極三年七月(図書寮本訓)「常(とこ)世の神を祭らば〈略〉老人(おきな)は還りて少(ワカユ)
※貫之集(945頃)一〇「折る菊の雫を多みわかゆてふ濡れ衣をこそ老いの身に着れ」

わかやが・す【若】

〘他サ四〙 若々しく元気に見えるようにする。活気のある状態にする。特に、酒席などで、盛んに杯のやりとりなどしてにぎやかにする。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)一「今恋をわかやがしに御出と申す」

わか・し【若】

〘形ク〙 ⇒わかい(若)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「若」の解説

じゃく【若】[漢字項目]

[音]ジャク(漢) ニャク(呉) ニャ(呉) [訓]わかい もしくは もし ごとし
学習漢字]6年
〈ジャク〉
わかい。「若年若輩
…のようだ。ごとし。「傍若無人(ぼうじゃくぶじん)
形容の語を作る助字。「自若瞠若(どうじゃく)
いくらか。「若干
若狭(わかさ)国。「若州
〈ニャク〉わかい。「老若男女(ろうにゃくなんにょ)
〈ニャ〉梵語の音訳字。「般若(はんにゃ)
〈わか〉「若手若者年若
[名のり]なお・まさ・よし・より・わか・わく
[難読]杜若(かきつばた)若干(そこばく)若布(わかめ)若人(わこうど)

わか【若】

《形容詞「若い」の語幹から》
少年。
「―に似合ひたる職なり」〈申楽談儀
若君。若子。主に身分の高い家の幼い男児をいう。
「今ははや二人の―をぞ儲(まう)けける」〈浄・出世景清
(他の語の上に付いて)
㋐若いの意を表す語。「夫婦」「しらが」「竹」「武者」
㋑新しいほうの世代の意を表す語。「奥様」「旦那」「女将(おかみ)」
(他の語のあとに付いて)幼少の男子の名を表す語。「牛

にゃ【若】[漢字項目]

じゃく

にゃく【若/弱】[漢字項目]

〈若〉⇒じゃく
〈弱〉⇒じゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【若衆】より

…若い衆,若者,若,若連,若勢,二才(にせ)ともよばれ,15歳前後から妻帯時までの男性を指す用語。若衆組に参加すると,若者宿に入って序列を相互に確認し合い,一定期間集団生活を体験し,地域共同体の生活に必要な事柄を習得する。…

※「若」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android