コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苫米地義三 とまべちぎぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苫米地義三
とまべちぎぞう

[生]1880.12.25. 青森
[没]1959.6.29. 東京
政治家,実業家。1903年東京高等工業学校を卒業。肥料,油脂業界で活躍,1940年東北興業副総裁となる。1945年日産化学工業社長。1946年4月,日本進歩党から衆議院議員総選挙に立候補して初当選。1947年民主党結成に参加,片山哲連立内閣の運輸大臣,民主党幹事長を歴任。1948年芦田均内閣の官房長官。1950年民主党野党派と国民協同党が合同して国民民主党を結成すると最高委員長となる。1951年サンフランシスコ講和会議(→対日講和条約)に全権委員として参加。1952年8月の衆議院解散は違憲として提訴したが敗訴。1953年参議院全国区に転じ,1959年政界を引退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

苫米地義三 とまべち-ぎぞう

1880-1959 大正-昭和時代の経営者,政治家。
明治13年12月25日生まれ。日産化学社長,日本油脂会長などをへて,昭和21年衆議院議員(当選3回,改進党)。片山内閣の運輸相,芦田内閣の国務相兼官房長官。27年吉田首相による衆議院「抜き打ち解散」を違憲として提訴したが敗訴。28年参議院議員。昭和34年6月29日死去。78歳。青森県出身。東京高工(現東京工業大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

苫米地義三の関連キーワード民主党(1947年結成)民主党[日本]昭和時代統治行為実業家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苫米地義三の関連情報