コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英印円卓会議 えいいんえんたくかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英印円卓会議
えいいんえんたくかいぎ

1930~32年インド憲政を議題としてロンドンで3回にわたって開かれた会議。当時インドの完全独立を目指す大衆闘争は非常な高揚を示し,イギリスの支配をゆるがしていた。第1回会議は 30年 11月~31年1月に開かれ,インド連邦という一般原則が認められた。独立運動を指導するインド国民会議派は,当初この会議の目的が運動の方向をそらすものとして,これをボイコットしていたが,31年5月のガンジー=アーウィン協定により,政治犯の釈放を交換条件に会議への出席を承諾した。 M.ガンジーは 31年9~12月に開かれた第2回会議に出席したが,選挙制をめぐって意見が衝突し,会議派代表はインドに引揚げた。第3回は 32年 11~12月にもたれ,これら一連の会議の結果,35年インド統治法が作成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英印円卓会議
えいいんえんたくかいぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の英印円卓会議の言及

【円卓会議】より

…対立する立場にある者が,歩み寄りの道を見いだすため,円卓を平等にかこんで行う会議。さらに,自由に懇談する会議をも意味する。アーサー王伝説に起源を発する。歴史上,この名で呼ばれるもので著名な例としては,(1)イギリスで,アイルランド自治法案をめぐって分裂したチェンバレン派とグラッドストン派の間で,自由党の再統一を目ざして,1887年に行われた円卓会議,(2)独立を求めるインドとイギリスの間で,1930年から32年まで3回にわたり行われたイギリス・インド円卓会議,(3)オランダからインドネシアへ主権の移管を決めた49年のハーグ円卓会議などがある。…

※「英印円卓会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英印円卓会議の関連キーワードアーガー・ハーン[3世]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android