コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂名 もめい

3件 の用語解説(茂名の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

茂名【もめい】

中国,広東省南西部の新興工業都市。鑑江中流,河茂鉄路(河唇〜茂名)の終点に位置する。中国南部の重要な石油工業基地で,人造石油年産10万トン以上。茂名〜湛江油送管が設置されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

もめい【茂名 Mào míng】

中国南部,広東省の南西部にある新興工業都市。人口53万(1994)。雷州半島東側の付け根,鑑江の中流域に位置し黎湛鉄道(黎塘~湛江)の支線,河茂線(河唇~茂名)が通る。1959年にもと茂名県に属した公館・鰲頭(ごうとう)などの郷をあわせて市が設置された。周辺にはオイルシェールが豊富に埋蔵され,人造石油のコンビナートのほか,火力発電所,麻紡績・製糸・化学肥料の工場が建設された。周囲では陸稲,サトウキビバナナサイザル麻,黄麻などを栽培。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂名
もめい / マオミン

中国、広東(カントン)省西部の市。行政上は電白(でんはく)県を管轄し、信宜(しんぎ)など3市の管轄代行を行うため、南シナ海沿岸から省境の雲開大山山麓(さんろく)に至る地域を含む。人口644万7864、市轄区人口70万5296(2000)。明(みん)、清(しん)の時代には高州府の治下にあったが、解放後この地に大量のオイルシェール(油母頁岩(ゆぼけつがん))が発見されてから、中国南部の石油生産地として発達した。現在は華南の海底油田の原油製油所である。鉄道で石油積出し港の湛江(たんこう)と結ばれるほか、広州へは三水経由で鉄道が通じる。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茂名の関連キーワード広東広東語玉門広州湾深圳秦嶺長治和歌山哈爾賓

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茂名の関連情報