コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎崎 くきざき

2件 の用語解説(茎崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茎崎
くきざき

茨城県南部,牛久沼に面する地域。 1983年町制。 2002年つくば市吸収合併筑波研究学園都市の南端にあたる。畑作を主とし,米,近郊野菜の栽培が行われるが,宅地造成が急速に進行。国道 408号線が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茎崎
くきざき

茨城県南部、稲敷(いなしき)郡にあった旧町名(茎崎町(まち))。現在はつくば市南部の地区にあたる。1889年(明治22)村制施行の茎崎村が1983年(昭和58)町制施行、2002年(平成14)つくば市に編入。稲敷台地の西部を占め、牛久(うしく)沼の南北に細長い入り江が域内に入り込み、これに注ぐ谷田(やた)川(東谷田川)と西谷田川の低地をもつ。近世は牛久藩、谷田部(やたべ)藩などに属した。JR常磐(じょうばん)線と国道6号は牛久市域を走り、牛久駅、ひたち野うしく駅(1998年開業)が最寄り駅。米と野菜の栽培を主とする農業が中心。筑波(つくば)研究学園都市区域に入り、独立行政法人の畜産草地研究所、森林総合研究所がある。交通の不便な地域であったが、国道408号(牛久学園通り)が通じて6号と結ばれ、常磐自動車道の谷田部インターチェンジも近いため、マイカー時代になってからは東京方面や研究学園都市などへの通勤者が増加し、住宅団地や宅地が造成され、人口も急増した(1975年8305人。2000年2万4342人。茎崎村・茎崎町当時)。近くに牛久沼の釣り場があり来遊者も多い。[櫻井明俊]
『『茎崎村史』(1973・茎崎村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茎崎の関連キーワード牛久茎崎[町]茨城県牛久市茨城県牛久市牛久町茨城県牛久市神谷茨城県牛久市久野町茨城県牛久市結束町茨城県牛久市田宮茨城県牛久市中央茨城県牛久市南

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茎崎の関連情報