コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茯苓飲 ぶくりょういん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぶくりょういん【茯苓飲】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)茯苓白朮(びゃくじゅつ)人参(にんじん)陳皮(ちんぴ)生姜(しょうきょう)枳実(きじつ)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。胃炎胃アトニー胃下垂消化不良などに用い、胸焼け悪心(おしん)、尿量減少といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。胃腸が弱く、体力の比較的弱い人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android