茹物(読み)ゆでもの

世界大百科事典 第2版の解説

ゆでもの【茹物】

ゆでた物,つまり湯を利用して材料を熱処理した料理。〈ゆでる〉とほぼ同義の語には〈湯煮する〉〈ゆがく〉〈ゆびく〉〈ゆどる〉〈あおる〉などがある。デンプン糊化(こか),タンパク質凝固,組織の軟化,あく抜きなどをおもな目的として行われる。ゆで物はゆで卵,粉ふきいも,枝豆の塩ゆでなど,ゆでたあと簡単に調味することでそのまま料理となりうるものもあるが,多くは下調理として行われ,ゆでたものをさらにあえ物,煮物,揚物などに調理する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆで‐もの【茹物】

〘名〙 茹でた物。野菜、果実などを茹でたもの。うでもの。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※庭訓往来(1394‐1428頃)「菜者 繊蘿蔔、煑染牛房〈略〉薦子蒸物、茹物、炒物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android