コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草分 くさわけ

2件 の用語解説(草分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草分
くさわけ

江戸時代,原野などを開拓して新町村を立てることをいった。また開村開町に貢献した人をいい,彼らは草分百姓,草分町人などと呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草分
くさわけ

江戸時代、荒れ地を開拓して新しく町村を設立することで、それに従事した者や設立当時からの住民を、草分町人、草分百姓という。草創とも書き、草切(くさきり)、芝切(しばきり)、根生(ねおい)とも称した。草分の町人や百姓は、町村内で高い家格をもち、町役人や村役人を世襲することが多く、草分の呼称は、多分に共同体秩序を維持するための権威づけとして行われた。村の草分百姓は、五軒(七軒)百姓とよばれ、日当りや水利の便のよい場所に屋敷地を構え、とくに大高持(おおたかもち)を草分地主といった。町役人のなかでも、草分名主は特権的地位を占めていた。たとえば、江戸の草分名主は、江戸開府以前から居住していた者か、徳川氏に従って三河、遠江(とおとうみ)から移住してきた者の子孫にあたる町名主で、年頭および江戸城大礼の際には登城が許されていた。[馬場 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草分の関連キーワード角を立てる義理を立てる煙を立てる帳屋目に角を立てる草分け名主植田吉兵衛香西晳雲神谷源吾多賀谷武兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草分の関連情報