コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草壁 くさかべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草壁
くさかべ

香川県北東部,小豆島町中部の旧町域。小豆島南東部にあり,内海湾に臨む。 1951年近隣4村と合体して内海町に,2006年池田町と合体して小豆島町になった。高松への定期船ブルーラインの発着する港町で,寒霞渓観光の拠点の一つ。展望台のある四望頂まではロープウェーおよびバスの便がある。別当川の氾濫による土石流や浸水の被害が多い。醤油,もろみを特産する。日本最初のオリーブ栽培地として知られ,小豆島オリーブ公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草壁
くさかべ

香川県北東部、小豆(しょうず)郡小豆島(しょうどしま)町の東部にあたる内海(うちのみ)地域の中心地区。古くは天武(てんむ)天皇の皇子草壁皇子の御名代(みなしろ)地であったといわれる。かつては名勝地寒霞渓(かんかけい)への入口として活況を呈したが、現在は定期船が高松との間を航行するだけである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

草壁の関連キーワード草壁皇子(くさかべのみこ)草壁署迷宮課おみやさん石川郎女(2)内海(香川県)新・おみやさん柿本人麻呂束明神古墳内海[町]長等の山風吉備内親王日並知皇子石川郎女天武天皇草壁皇子岡宮天皇元明天皇高市皇子勾りの池文武天皇刑部親王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草壁の関連情報