コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草壁 くさかべ

2件 の用語解説(草壁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草壁
くさかべ

香川県北東部,小豆島町中部の旧町域。小豆島南東部にあり,内海湾に臨む。 1951年近隣4村と合体して内海町に,2006年池田町と合体して小豆島町になった。高松への定期船ブルーラインの発着する港町で,寒霞渓観光の拠点の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草壁
くさかべ

香川県北東部、小豆(しょうず)郡小豆島(しょうどしま)町の東部にあたる内海(うちのみ)地域の中心地区。古くは天武(てんむ)天皇の皇子草壁皇子の御名代(みなしろ)地であったといわれる。かつては名勝地寒霞渓(かんかけい)への入口として活況を呈したが、現在は定期船が高松との間を航行するだけである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草壁の関連情報