コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内高 うちだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内高
うちだか

江戸時代,大名領などで実際に年貢賦課の対象となった石高。中期以降,新田開発,農業技術の進歩,特産物の奨励専売制度などによって,内高が幕府の与えた表高 (おもてだか) を上回っている例が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うち‐だか【内高】

江戸時代、幕府公認の石高に対して、実質上の石高。藩独自の検地に基づき、実際に年貢を課する対象とした石高。⇔表高(おもてだか)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内高【うちだか】

江戸時代の大名や旗本等の領域内で設定された石高。領内検地で実際に算出されたものとされ,表高(おもてだか)(朱印高)より多いといわれるが,その比率は幕府との関係によりさまざまであった。
→関連項目表高石高

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うちだか【内高】

江戸時代、大名・知行取りの実質上の石高。実高。 ⇔ 表高

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内高
うちだか

大名・旗本領内で実際に年貢賦課の対象となる石高(こくだか)。江戸幕府公認の表高(おもてだか)を上回ることが多かった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内高の言及

【打歩(内歩)】より

…(1)江戸時代の土地用語。土地の実際の丈量反別(面積)をいい,実際の石高を内高,実高といった。これに対して検地帳面記載の公式の反別を表歩,石高を表高といった。…

【石高制】より

…石高制は,近代的租税制度の創出をめざした地租改正によって,その歴史的使命を終えたものといえよう。【三鬼 清一郎】
【石高の種類】
内高幕府に公認されていないが,領内で実質的に産出される石高。新田開発などによって耕地面積が増加し,検地によって石高が打ち出されても,それが本高(表高)に編入されなければ,国役など幕府に対する役儀を賦課されることはないが,その土地を耕作する百姓から年貢を徴収することはできる。…

※「内高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内高の関連キーワード胎内高原ビール打歩(内歩)客室与圧装置木曾岬[町]菩提華祥蕊生田 浩二阿波閑々子前田 純孝西野 辰吉大内輝弘松本隆興神鋼電機梵学津梁新発田藩知行取り和田智満小栗美作江戸時代小倉藩諏訪藩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android