内高(読み)うちだか

百科事典マイペディアの解説

内高【うちだか】

江戸時代の大名や旗本等の領域内で設定された石高。領内検地で実際に算出されたものとされ,表高(おもてだか)(朱印高)より多いといわれるが,その比率は幕府との関係によりさまざまであった。実際の貢租賦課基準に用いられた。
→関連項目表高石高

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内高
うちだか

大名・旗本領内で実際に年貢賦課の対象となる石高(こくだか)。江戸幕府公認の表高(おもてだか)を上回ることが多かった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内高の言及

【打歩(内歩)】より

…(1)江戸時代の土地用語。土地の実際の丈量反別(面積)をいい,実際の石高を内高,実高といった。これに対して検地帳面記載の公式の反別を表歩,石高を表高といった。…

【石高制】より

…石高制は,近代的租税制度の創出をめざした地租改正によって,その歴史的使命を終えたものといえよう。【三鬼 清一郎】
【石高の種類】
内高幕府に公認されていないが,領内で実質的に産出される石高。新田開発などによって耕地面積が増加し,検地によって石高が打ち出されても,それが本高(表高)に編入されなければ,国役など幕府に対する役儀を賦課されることはないが,その土地を耕作する百姓から年貢を徴収することはできる。…

※「内高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android