コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒城の月 コウジョウノツキ

7件 の用語解説(荒城の月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうじょうのつき〔クワウジヤウのつき〕【荒城の月】

土井晩翠(どいばんすい)作詞、滝廉太郎作曲の歌曲。明治34年(1901)に発表。歌詞は仙台の青葉城趾などから、曲は大分県竹田の岡城趾から想を得たといわれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうじょうのつき【荒城の月】

大分の麦焼酎。酒名は、大分出身の作曲家・滝廉太郎の作品にちなみ命名。原料は麦、麦麹。アルコール度数20%、25%。蔵元の「丹誠酒類」は明治期創業。清酒「丹誠」の醸造元。所在地豊後大野市緒方町下自在。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

荒城の月

大分県、丹誠酒類株式会社が製造する麦焼酎。

荒城の月

大分県竹田市の名物菓子。砂糖、白豆、卵黄を原料とした黄身餡を砂糖、寒天、卵白を原料とした淡雪羹で包んだ生菓子

荒城の月

日本の唱歌の題名。作詞:土井晩翠、作曲:滝廉太郎。発表年は1901年。東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の依頼による作詞。曲は公募され、当時同校の学生だった滝が入選した。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒城の月
こうじょうのつき

唱歌の曲名。土井晩翠(つちいばんすい)作詞、滝廉太郎(れんたろう)作曲。1901年(明治34)3月刊の『中学唱歌』(東京音楽学校発行)に初めて掲載された。「荒城」については、土井は仙台の青葉城ないし会津若松の鶴ヶ城(つるがじょう)を想定したが、滝は少年期を過ごした大分県竹田の岡城や富山県の富山城にイメージを求めたという。短調のゆったりした曲調になっており、海外にまで知られた日本の名曲の一つである。なお『中学唱歌』には、滝の作曲になる『箱根八里』(鳥居忱(まこと)作詞)も収められている。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒城の月の関連情報