コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒城の月 コウジョウノツキ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうじょうのつき【荒城の月】

大分の麦焼酎。酒名は、大分出身の作曲家・滝廉太郎の作品にちなみ命名。原料は麦、麦麹。アルコール度数20%、25%。蔵元の「丹誠酒類」は明治期創業。清酒「丹誠」の醸造元。所在地は豊後大野市緒方町下自在。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

荒城の月

大分県、丹誠酒類株式会社が製造する麦焼酎。

荒城の月

大分県竹田市の名物菓子。砂糖白豆卵黄を原料とした黄身餡を砂糖、寒天、卵白を原料とした淡雪羹で包んだ生菓子

荒城の月

日本の唱歌の題名。作詞土井晩翠、作曲:滝廉太郎。発表年は1901年。東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の依頼による作詞。曲は公募され、当時同校の学生だった滝が入選した。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうのつき【荒城の月】

歌曲。土井晩翠の詩に滝廉太郎が作曲。1901年(明治34)刊の「中学唱歌」に発表。「春高楼の花の宴…」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒城の月
こうじょうのつき

唱歌の曲名。土井晩翠(つちいばんすい)作詞、滝廉太郎(れんたろう)作曲。1901年(明治34)3月刊の『中学唱歌』(東京音楽学校発行)に初めて掲載された。「荒城」については、土井は仙台の青葉城ないし会津若松の鶴ヶ城(つるがじょう)を想定したが、滝は少年期を過ごした大分県竹田の岡城や富山県の富山城にイメージを求めたという。短調のゆったりした曲調になっており、海外にまで知られた日本の名曲の一つである。なお『中学唱歌』には、滝の作曲になる『箱根八里』(鳥居忱(まこと)作詞)も収められている。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒城の月の関連キーワードローゼンブラット:宮城ファンタジー/2 pianos 4 hands滝 廉太郎:メヌエット/piano solo大分県竹田市発車メロディ佐藤 秀廊土井 晩翠佐野 周二佐分利 信滝 廉太郎船橋 栄吉高峰三枝子青葉山公園夜越の月音楽教育石濱朗岡城跡何処荒城岡藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒城の月の関連情報