コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒城の月 コウジョウノツキ

7件 の用語解説(荒城の月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうじょうのつき〔クワウジヤウのつき〕【荒城の月】

土井晩翠(どいばんすい)作詞、滝廉太郎作曲の歌曲。明治34年(1901)に発表。歌詞は仙台の青葉城趾などから、曲は大分県竹田の岡城趾から想を得たといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうじょうのつき【荒城の月】

大分の麦焼酎。酒名は、大分出身の作曲家・滝廉太郎の作品にちなみ命名。原料は麦、麦麹。アルコール度数20%、25%。蔵元の「丹誠酒類」は明治期創業。清酒「丹誠」の醸造元。所在地豊後大野市緒方町下自在。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

荒城の月

大分県、丹誠酒類株式会社が製造する麦焼酎。

荒城の月

大分県竹田市の名物菓子。砂糖、白豆、卵黄を原料とした黄身餡を砂糖、寒天、卵白を原料とした淡雪羹で包んだ生菓子

荒城の月

日本の唱歌の題名。作詞:土井晩翠、作曲:滝廉太郎。発表年は1901年。東京音楽学校(現在の東京芸術大学)の依頼による作詞。曲は公募され、当時同校の学生だった滝が入選した。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうじょうのつき【荒城の月】

歌曲。土井晩翠の詩に滝廉太郎が作曲。1901年(明治34)刊の「中学唱歌」に発表。「春高楼の花の宴…」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒城の月
こうじょうのつき

唱歌の曲名。土井晩翠(つちいばんすい)作詞、滝廉太郎(れんたろう)作曲。1901年(明治34)3月刊の『中学唱歌』(東京音楽学校発行)に初めて掲載された。「荒城」については、土井は仙台の青葉城ないし会津若松の鶴ヶ城(つるがじょう)を想定したが、滝は少年期を過ごした大分県竹田の岡城や富山県の富山城にイメージを求めたという。短調のゆったりした曲調になっており、海外にまで知られた日本の名曲の一つである。なお『中学唱歌』には、滝の作曲になる『箱根八里』(鳥居忱(まこと)作詞)も収められている。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒城の月の関連キーワード汽車とんび野菊歌の町おうま口笛吹いてたきび花かげ春の唄へんな家!

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒城の月の関連情報