コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青葉城 あおばじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青葉城
あおばじょう

仙台城ともいう。宮城県仙台市青葉区広瀬川の西にある平山城で,伊達氏 62万石の居城。北および東は広瀬川に面し断崖,南は竜ノ口の断崖。古来砦があったが,文治5 (1189) 年,千葉胤道 (国分の姓を称する) が城を築き青葉城と称した。盛氏のとき,伊達晴宗の5男盛重が嗣子となって領し,天正 19 (1591) 年には伊達政宗が領有。慶長5 (1600) 年府城として修築,同8年全工事を終って城下町を建設し,岩出山城より移る。寛永5 (28) 年に外城少林 (わかばやし) 城を,同 16年二の丸を増築,以来伊達氏 14代,270年余世襲して明治維新にいたったが,本丸,二の丸,三の丸は明治初年に焼失した。結構は天下にうたわれ,天守閣は構えず天守台をおいたという。特に大手門は,肥前名護屋の城門を豊臣秀吉から拝領したものといわれ,みごとなものであったが,1945年7月の第2次世界大戦時の空襲で烏有に帰した。石垣が残り,『荒城の月』の詩碑がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あおば‐じょう〔あをばジヤウ〕【青葉城】

仙台城別称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

青葉城【あおばじょう】

仙台城の別名宮城県仙台市青葉区にあった城で,広瀬川に東面,伊達政宗以後仙台藩の居城。本丸は1602年完成,二の丸は忠宗により1639年完成。明治初期までに失われ,豊臣秀吉から拝領したと伝えられる大手門のみを残したが,1945年戦災で焼失。
→関連項目青葉[区]仙台[市]名護屋城

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あおばじょう【青葉城】

仙台城の別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の城がわかる事典の解説

あおばじょう【青葉城〈宮城県〉】

仙台城(せんだいじょう)

あおばじょう【青葉城〈福島県〉】

福島県石川郡浅川町にあった山城(やまじろ)。平安時代末期の1189年(文治5)、源頼朝の奥州藤原氏征伐に従軍した甲斐源氏の浅利(浅川)知義が戦功により浅川の地頭職となり、その居館として築いた城である。浅川氏は代々この城を居城としたが、しだいに石川氏と同族化し、戦国時代末期にはたびたび侵入を繰り返す南の佐竹氏に対する防衛の拠点となっていった。1569年(永禄12)から1589年(天正17)にかけて、城の近隣では数度の合戦が行われている。棚倉町から浅川町に向かう国道118号線の右手にあるのが城山で、城山公園として整備されている。JR水郡線磐城浅川駅から車で約10分。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青葉城
あおばじょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青葉城の言及

【仙台[市]】より

…奈良時代,北方の多賀城(現,多賀城市)に陸奥国府と鎮守府が設けられ,仙台には陸奥国分寺および国分尼寺が建立された。近世初め,伊達政宗が青葉城を築いて以来,伊達氏の城下町として繁栄した。1871年の廃藩置県後,仙台は仙台県,次いで宮城県の県庁所在地となり,軍事,教育,司法などの諸施設が設置された。…

【広瀬川】より

…愛子盆地から下流は安山岩地域を切って流れ,両岸に地すべり地形が発達する。仙台市街主要部は広瀬川左岸の段丘上に展開し,右岸の段丘と青葉山の丘陵端は青葉城址で,広瀬川は外堀の役割をもっていた。青葉城南側には丘陵をうがつ小支流の竜ノ口峡谷がある。…

※「青葉城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青葉城の関連キーワード宮城県仙台市青葉区青葉山宮城県仙台市青葉区川内福島県石川郡浅川町浅川福島県石川郡浅川町樅ノ木は残った日本のおもな城仙台[市]さとう宗幸浅川[町]青葉城恋唄仙台(市)滝 廉太郎松浦 四郎青葉山公園青葉[区]仙台城跡高田美和青葉神社宮城県青葉区

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青葉城の関連情報