コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒島岳 あらしまだけ

4件 の用語解説(荒島岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒島岳
あらしまだけ

福井県東部,大野市の中央部にある火山。標高 1523m。山頂に荒島神社があり,白山や遠く日本アルプスを望むことができる。東麓に九頭竜峡がある。奥越高原県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あらしま‐だけ【荒島岳】

福井県東部にある山。標高1523メートル大野盆地南東部の火山岩からなる円錐状の火山で、山容の美しさから大野富士呼ばれる。北東麓に九頭竜(くずりゅう)峡がある。山頂に荒島神社があり、山岳信仰の山となっている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荒島岳【あらしまだけ】

福井県,大野盆地の南東にある山。標高1523m。大野富士とも呼ばれる。山頂には荒島大権現奥ノ院の堂があり,古くから信仰の山として崇められてきた。奥越高原自然公園に属し,日本百名山に選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕荒島岳(あらしまだけ)


福井県東部、大野市中心部の南東に位置する成層火山。標高1523m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。主峰の大荒島岳の北に小荒島岳が続く。山頂にある荒島神社は平安時代初期の『延喜(えんぎ)式』に記載があり、信仰の山として崇拝されてきた。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒島岳の関連情報