コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野盆地 おおのぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大野盆地
おおのぼんち

福井県東部,九頭竜 (くずりゅう) 川の中流域にある盆地。断層で陥没した窪 (くぼ) 地に,九頭竜川とその支流真名川,清滝川などが土砂を堆積して形成された。ひょうたん形をなし,北半は勝山盆地ともいわれ,狭義には南半のみを大野盆地と呼ぶ。扇状地火山泥流地が発達し,中心地である大野市の市街地は扇端の湧水帯に立地。塚原野は経ヶ岳から噴出した火山泥流が堆積してできた塚状の小高地が点在していたが,第2次世界大戦後に水田化された。農林業,機業が盛ん。冬季の積雪が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおのぼんち【大野盆地】

福井県東部,越前中央山地両白山地の間にある盆地。狭義には大野市域を指すが,広義には北につづく九頭竜川の谷が滝波川を合わせて西へ転じる付近までのやや広くなった部分(勝山盆地とも呼ぶ)を含めていう。南に東西方向の一辺をもつ五角形に近く,北の頂点下荒井付近で九頭竜川と支流の真名(まな)川,清滝川,赤根川が合流する。断層性の低地と考えられるが,東は経ヶ岳ほかの火山噴出物におおわれ,飯降(いいぶり)断層があるという西は山地の沈降を思わせて山脚の出入りが大きく,南の宝慶寺(ほうきようじ)断層崖のほかは判然としない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕大野盆地(おおのぼんち)


福井県北東部、九頭竜(くずりゅう)川上流域の盆地。両白(りょうはく)山地の西麓(せいろく)に位置する。狭義には大野市周辺をいうが、広義では北部の勝山(かつやま)盆地も含む。中心は大野市・勝山市。九頭竜川とその支流がつくる複合扇状地が広い。東部は経ヶ(きょうが)岳火山の泥流丘であったが、水田化された。稲作のほか、葉タバコ・サトイモの畑作が盛ん。多数のスキー場やキャンプ場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大野盆地
おおのぼんち

福井県北東部、九頭竜(くずりゅう)川上流にある盆地。支流の真名(まな)川、清滝川、赤根川の合流する下荒井(しもあらい)(勝山市)以南の狭義の大野盆地に、その北に続くやや幅広い九頭竜川の谷(勝山盆地)を加えるのが普通である。両白(りょうはく)山地と越前(えちぜん)中央山地の間の断層盆地と考えられるが、東は広く火山噴出物に覆われるなどして、南の宝慶寺(ほうきょうじ)断層崖(がい)のほかは明らかでない。盆地内は南東の塚原台地(経(きょう)ヶ岳火山泥流の先端)を除いて河川の運んだ砂礫(されき)で満たされ、乾田や葉タバコ、サトイモを産する畑となり、西の赤根川流域のみは湿田となっている。平泉寺(へいせんじ)、牛ヶ原(うしがはら)は古代に開かれ、塚原と木ノ本原(このもとがはら)は第二次世界大戦後開拓された。大野市西部、勝山市が南北の中心である。[島田正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大野盆地の関連キーワード奥越高原県立自然公園福井県勝山市上志比[村]大野(市)大野[市]越前大野城勝山[市]美山[町]六呂師ヶ原勝山(市)福井(県)越美北線大野富士イトヨ川上流勝山市荒島岳油坂峠西麓両白

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android