コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菓子屋 カシヤ

デジタル大辞泉の解説

かし‐や〔クワシ‐〕【菓子屋】

菓子を製造・販売する店。また、その職業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菓子屋
かしや

菓子を製造・販売する店。中世末の16世紀に自家製の餅(もち)や粽(ちまき)、まんじゅうを小売りする干見世(ほしみせ)や振り売りの販女(ひさぎめ)がいた。近世の17世紀からは種々の干菓子(ひがし)・羊かん・まんじゅう・うどん・そば切りなどを製造する職人の菓子師が自家製品を小売りした。そのころ、専門職人の餅師・煎餅(せんべい)師・飴(あめ)師などがいたが、やがて菓子屋に統合され、種々の和菓子を製造・販売するようになり、うどん・そば切りは切り離され別の営業となった。菓子屋は菓子師の開いた店であり、京をはじめ各地の都市にできてきた。18世紀には上菓子屋と雑菓子(駄菓子)屋に分かれ、村落にも小売りの菓子屋がみられた。大きな菓子屋では菓子細工職・菓子杜氏(とじ)・饅頭(まんじゅう)杜氏などの手間取りを抱えて、卸売りを兼ねるものや、小売りだけのものが現れた。
 近代になって、洋菓子の製造・販売を兼ねる菓子屋もあったが、洋菓子の普及につれて、和菓子屋と洋菓子屋とは分離し、自家で製造・販売するものよりも、菓子問屋から仕入れて小売りするほうが多くなった。和菓子・洋菓子の職人や職工は問屋の支配下に置かれてきた。機械化は和菓子より洋菓子のほうがはるかに進み、和菓子屋よりも洋菓子屋のほうが盛んとなっている。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菓子屋の関連キーワードニコル(Charles Jules Henri Nicolle)シラノ・ド・ベルジュラック(エドモン・ロスタンの戯曲)シャルル・ジュール・アンリ ニコルリリー アイスクリームガムルコント アンドレ・L.怒りをこめてふり返れコンフェクショナリーミスベアーズドリーム十寸見河東(3世)埼玉県川越市元町台場一丁目商店街ピエール アンプ駄菓子屋にゃんこまるまるの毬みこん六姉妹埼玉県川越市奥野 文七伊藤 柏台ライムント福田寵松軒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菓子屋の関連情報