萵苣木(読み)チシャノキ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちさ‐の‐き【萵苣木】

〘名〙
和漢三才図会(1712)八四「売子木(チサノキ)〈略〉按売子木今謂知佐乃木者与此形状大異」
② 植物「えごのき(━木)」の異名。〔和漢三才図会(1712)〕

ちしゃ‐の‐き【萵苣木】

〘名〙
① ムラサキ科の落葉高木。本州の中国地方、四国、九州の浅い山地に生え、庭木としても栽植される。高さ約五メートル。樹皮は紫色を帯び、葉は長さ五~一五センチメートルの楕円状倒卵形で縁に鋸歯(きょし)がある。初夏、枝の先に白色で先端の五裂した小さな花の密集した円錐状の花序を出す。果実は径約五ミリメートルの球形で橙黄色に熟す。材は家具・細工物に、古くは樹皮を染料に使った。ちさ。ちさのき。かきのきだまし。とうびわ。
大和本草(1709)一二「波羅得〈略〉又ちしゃの木の葉に似たり」 〔日本植物名彙(1884)〕
② 植物「えごのき(━木)」の異名。〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android