葛桶(読み)かずらおけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛桶
かずらおけ

能および狂言小道具鬘桶とも書き,腰桶ともいう。直径 30cm,高さ 45cmほどの円筒形,黒漆塗りで印籠ぶた付きの桶。蒔絵のあるものもある。床几の代りの腰掛として使う。狂言ではこのほかに酒桶や茶壺に用いたり,ふたを酒盃にも使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かずらおけ【葛桶】

能,狂言に用いる道具。〈かつらおけ〉ともいう。黒漆塗の円筒形の蓋付(ふたつき)桶で,高さは約50cm。金の蒔絵(まきえ)をほどこしたものが多い。能,狂言とも作中人物が腰掛けとして常用するが,狂言では酒樽,茶壺などの容器として,また蓋だけを大杯のかわりに用いる例が多い。なお,能《卒都婆小町(そとばこまち)》では丸木の卒都婆を,狂言《柿山伏》では柿の木,《瓜盗人》では案山子(かかし)の胴体を意味するなど特殊な使い方もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くず‐おけ ‥をけ【葛桶】

〘名〙
葛粉を作る際に用いる桶。
② 茶道で、一閑張(いっかんばり)の炭取り。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の葛桶の言及

【葛桶】より

…能,狂言に用いる道具。〈かつらおけ〉ともいう。黒漆塗の円筒形の蓋付(ふたつき)桶で,高さは約50cm。金の蒔絵(まきえ)をほどこしたものが多い。能,狂言とも作中人物が腰掛けとして常用するが,狂言では酒樽,茶壺などの容器として,また蓋だけを大杯のかわりに用いる例が多い。なお,能《卒都婆小町(そとばこまち)》では丸木の卒都婆を,狂言《柿山伏》では柿の木,《瓜盗人》では案山子(かかし)の胴体を意味するなど特殊な使い方もある。…

※「葛桶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android