コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒竜会 コクリュウカイ

5件 の用語解説(黒竜会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくりゅう‐かい〔‐クワイ〕【黒竜会】

明治34年(1901)内田良平を中心に結成された国家主義団体。大アジア主義をかざし、大陸進出を主張した。昭和21年(1946)解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒竜会【こくりゅうかい】

玄洋社の流れをくみ,1901年内田良平らが創立した政治結社頭山満を顧問とし,大陸浪人を集めて大アジア主義を掲げ,日露戦争時の密偵活動,日韓併合推進,アギナルド孫文らの支援,自由主義思想労働運動社会主義運動排斥などを通じて軍部に呼応したが,少数精鋭主義の非近代的組織であったため大衆的基盤を欠き,1931年大日本生産党を組織して再編成をねらったが1946年解散した。
→関連項目権藤成卿日比谷焼打事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくりゅうかい【黒竜会】

日本の国家主義アジア主義団体。玄洋社系の大陸浪人内田良平らが1901年東京で結成。1895年の三国干渉への不満が結成の遠因といわれる。会の名は露清国境を流れる黒竜江(アムール川)からとった。主幹は内田,幹事は葛生修亮(能久),玄洋社での内田の先輩格頭山満を顧問とした。綱領は日本がアジア民族興隆の指導者となるべきことを宣言し,藩閥官僚主義の弊害除去,〈天皇主義の妙諦〉の発揮,現行制度の改造による〈皇国〉の基礎の強化,国防の充実,国粋主義国民教育の建設などを主張している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくりゅうかい【黒竜会】

1901年(明治34)、内田良平により創立された玄洋社系の右翼団体。大アジア主義を掲げ、大陸進出を主張。のちファッショ化し、31年(昭和6)には大日本生産党に発展した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒竜会
こくりゅうかい

日本の国家主義団体。三国干渉に憤慨した内田良平(りょうへい)らが1901年(明治34)に結成。主幹に内田、顧問に頭山満(とうやまみつる)が就任、玄洋社(げんようしゃ)の系譜を引く。大アジア主義・大陸進出を唱えて『黒竜』『東亜月報』などの雑誌を発行する一方、諸方の実地調査や地図の編纂(へんさん)など、帝国主義的アジア研究にも先鞭(せんべん)をつけた。多くの大陸浪人を擁し、フィリピン独立運動や孫文(そんぶん/スンウェン)の中国革命運動にもある程度参画した。国内問題では大正デモクラシーの潮流や社会主義思想、労働運動に敵対し、日本の代表的右翼団体として世界的に有名であった。昭和のファシズム期には国家改造運動に傾斜し、1931年(昭和6)内田らが結成した大日本生産党の母胎となり、実質的にはこれに合流した。敗戦後の46年(昭和21)占領軍の指令で解散した。大著『日韓合邦秘史』『東亜先覚志士紀伝』などを刊行している。[岡部牧夫]
『黒竜倶楽部編『国士内田良平伝』(1967・原書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒竜会の言及

【右翼】より

…やがて玄洋社は自由民権運動からはなれ,条約改正即時断行,日清開戦,大陸への進出などの対外強硬策を主張する国家主義団体に成長していった。さらに1901年には,三国干渉後の対露強硬世論の高揚を背景に,内田良平らによって黒竜会が結成された。明治期の右翼団体は,天皇中心主義,国家主義,大アジア主義,現状打破などの主張をかかげて多くの大陸浪人を擁し,一方では大アジア主義の主張から金玉均,孫文,E.アギナルド,B.ボースらアジア各国の独立運動家を援助したが,他方では日露開戦,日韓併合の推進などを主張して軍部と結び,つねに大陸侵略の先兵の役割を果たした。…

※「黒竜会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒竜会の関連キーワードアジア主義玄洋社大アジア主義汎アジア主義行地社ストア主義岡喬河村武道安永東之助浪人会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone