コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本生産党 だいにほんせいさんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本生産党
だいにほんせいさんとう

1931年6月 28日結成の右翼団体。黒龍会など 18団体を統合したもの。総裁内田良平。繊維,金属,海運などの右翼労働運動を推進して,勢力を伸ばした。 33年の神兵隊事件に党の首脳部が連座し,急速に勢力が衰えた。 46年連合軍総司令部から解散を命じられたが,54年6月再建されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大日本生産党【だいにほんせいさんとう】

右翼団体。1931年大阪の黒竜会支部を中心に設立。総裁は内田良平,会長は吉田益三(ますぞう)。〈君民一致〉〈自給自足経済の確立〉などを唱えた。争議にも介入し,栃木県阿久津(あくつ)村小作争議では全国労農大衆党員と流血の衝突事件を引きおこした。
→関連項目神兵隊事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんせいさんとう【大日本生産党】

〈大日本主義に立脚して従来分散状態にあった右翼団体の大同団結をはかり強大な勢力を結集して昭和維新の断行を期す〉ことを目的として,黒竜会関西支部を中心に1931年に結成されたファッショ的団体。黒竜会関西支部長であった吉田益三は,内田良平らの意を体し,1930年7月,大日本生産党創立準備会発起人大会を催し,翌31年6月28日結成された。内田良平によれば同党結党の理由は,〈民族固有の精神〉に基づく〈国民一致の大活動〉の必要,生産界の振興,〈政弊の刷新〉などにあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいにほんせいさんとう【大日本生産党】

1931年(昭和6)黒竜会を中心に結成された右翼団体。小作争議に干渉、流血事件も起こした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本生産党
だいにほんせいさんとう

1931年(昭和6)6月に結成された全国的な国家主義政党。黒竜会の内田良平(りょうへい)(総裁に就任)と吉田益三(ますぞう)が中心となり、同年11月開かれた第1回大会には黒竜会、日本国民党など19団体が参加。最初「大日本主義」を掲げていたが、32年1月急進愛国党(津久井竜雄(つくいたつお))や一部労働組合が加盟後、「金融寡頭政治の打破」など国家社会主義政策を採用。労働組合に働きかけて大日本生産党職業組合連合会などの下部組織をつくり、中小企業、借地借家人の組織化や農民運動にも力を入れるなど、当時の右翼運動のなかでは異彩を放っていた。31年12月、国民社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)から提携の申入れがあり、内田総裁が訪日した代表ドン・ガドと会見したことなども注目すべきであろう。しかし33年の神兵(しんぺい)隊事件で党幹部多数が逮捕されたことなどから運動は沈滞した。42年解党して思想団体大日本一新会となり、46年(昭和21)1月GHQ(連合国最高司令部)の覚書で解散。性格は変わったが、同党の流れをくむ戦後右翼に、54年結成された大日本生産党(現総裁鴨田徳一)と、吉田益三が56年に組織した国民同志会(現会長吉田尚正)がある。[大野達三]
『木下半治著『日本のファシズム』(1977・国書刊行会) ▽大日本生産党編『生産党の記録』(1952・民族公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大日本生産党の関連キーワード阿久津村小作争議岩田 愛之助堂前 孫三郎児玉 誉士夫葛生 能久吉田 益三堂前孫三郎永井 了吉内田 良平国民協会流血事件影山正治鈴木善一葛生能久神武会干渉

大日本生産党の関連情報