コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕪栗沼 カブクリヌマ

デジタル大辞泉の解説

かぶくり‐ぬま【蕪栗沼】

宮城県北部、大崎市登米(とめ)市の境にある沼。周囲1キロメートルの低湿地湖沼で、毎年6万羽以上のカモ・ガン・ハクチョウなど渡り鳥が飛来する。平成17年(2005)、周辺水田とともにラムサール条約に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蕪栗沼【かぶくりぬま】

宮城県大崎市と登米市,栗原市の境界近く,小山田川と萱刈(かやかり)川の合流地点に広がる沼。干拓により一時水田となったが,現在は洪水調節のための遊水地として水深の浅い水域に復していて,マコモヨシなどの湿地性植物が群落をなす。約8km北にある伊豆沼同様,水鳥の繁殖地・越冬地として知られ,特にマガンの個体数が多い。周辺の水田とともに2005年11月,ラムサール条約登録湿地となる。東北本線の瀬峰駅から南東へ約3km。
→関連項目大崎[市]栗原[市]登米[市]ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の蕪栗沼の言及

【田尻[町]】より

…丘陵地でも開田が進んでいるが,畑地の割合も多く,近年シイタケやナメコの栽培のほか,手作りハムの製造・直売なども行われる。町の北東端にある蕪栗(かぶくり)沼はかつて迫(はさま)川の遊水池であったが,迫川の河川改修工事に伴い大規模な干拓が行われ,142haの水田が開かれた。沼部に古代の軒丸瓦などを出土する木戸瓦窯跡(史)がある。…

※「蕪栗沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蕪栗沼の関連キーワード宮城県大崎市田尻蕪栗宮城県大崎市田尻宮城県大崎市大崎[市]中沢目貝塚仙台平野迫川南方田尻

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android