コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬峰 せみね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬峰
せみね

宮城県北部,栗原市南部の旧町域。仙北平野中央部にある。 1951年藤里村から改称して町制。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。東部を縦貫する東北本線開通時に瀬峰駅が設置され,近隣農村を背景とした交通の中心地となった。水田単作を主とする農業が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬峰
せみね

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(瀬峰町(ちょう))。現在は栗原市の南東部を占める地域。1951年(昭和26)藤里(ふじさと)村が町制施行して瀬峰町となる。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。迫(はさま)川の遊水池の蕪栗(かぶくり)沼周辺の水田地帯であったが、1887年(明治20)に東北線が開通して旧奥州街道高清水(たかしみず)宿の門戸となり、また大正時代に仙北(せんぼく)鉄道が通じて築館などと結んで仙北平野の交通の中心、また農産物の集散地となった。1948年に仙北鉄道は廃止され、産業も停滞ぎみであったが、近年では住宅団地や工業団地が造成され、衣料、飼料などの工場進出がみられる。JR東北本線瀬峰駅があり、駅近くの五輪堂山公園はサクラ約600本が植えられ、4月には桜祭りが行われる。なお、蕪栗沼と周辺水田は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となり、旧瀬峰町域の一部も含まれる。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

瀬峰の関連キーワード伊藤 善右衛門伊藤善右衛門宮城県栗原市瀬峰〈町〉一迫[町]栗原[市]栗原(市)瀬峰[町]鶯沢[町]仙北鉄道寺池城

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬峰の関連情報