コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬猟 くすりがり

1件 の用語解説(薬猟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くすりがり【薬猟】

5月5日に,鹿の若角や薬草を摘んだ日本古代の習俗。《日本書紀》推古19年5月5日条(西暦611年6月20日)にみえるのが初見。この日は宇陀野(うだの)(奈良県宇陀郡大宇陀町の一帯)に薬猟を行っている。従った諸臣は,髻華(うず)をつけた冠や冠色に従った服を着用しており,宮廷をあげての行事であった。翌年には羽田(奈良県高市郡高取町羽内(ほうち)付近),668年(天智7)には蒲生野(がもうの)(滋賀県近江八幡市から八日市市にかけての一帯)で薬猟が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の薬猟の言及

【肉食】より

… だが,たび重なる禁令の発布は,まず貴族階級や都市民の間に獣肉食一般を罪悪視する感覚を醸成し,やがて日本人の多くが肉食を穢(けがれ)として,その忌避に傾いていったようである。そして,元来は薬草採取などを意味した薬猟(くすりがり)の語が野獣の捕獲の意にも拡大され,獣肉の食用を薬食(くすりぐい)とも呼んで,それに免罪符的な役割をもたせるようにもなった。《今昔物語集》などにはしばしば獣肉を煮炊きするにおいを〈くさい〉と表現しており,それは肉食忌避から進んで肉食嫌悪が拡大したことの証左と思われるが,そうした中でも《文徳実録》に見える藤原長良(ふじわらのながら)などのような肉食愛好者も,当然ながらたえず存在していた。…

※「薬猟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬猟の関連情報