コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原惟憲 ふじわらの これのり

3件 の用語解説(藤原惟憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原惟憲 ふじわらの-これのり

963-1033 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
応和3年生まれ。駿河守(するがのかみ)藤原惟孝の子。近江守(おうみのかみ),播磨(はりまの)守,大宰大弐(だざいのだいに)などを歴任,正三位にいたる。この間たくわえた財力で,藤原道長に家司(けいし)として奉仕。大宰府での任をおえたときは,九州9国2島の財物をうばいつくしたと評された(「小右(しょうゆう)記」)。長元6年3月26日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原惟憲

没年:長元6.3.26(1033.4.27)
生年:応和3(963)
平安中期の官人。駿河守惟孝と伴清廉の娘の子。因幡,甲斐などで地方官を勤めたのち,九州一円を支配する大宰府(太宰府市)の長官を終え9国2島の財宝を携えて帰京,「貪欲のうえ首尾をわきまえない」人物と評された(『小右記』)。この財力をもって藤原道長の家司として活躍し,京内の一等地で道長の土御門第の西隣に邸を構えた。長和5(1016)年,自邸から出火,道長邸などを消失したが,その再建の造営責任者となり2年後に完成させた。自邸も新造。万寿1(1024)年正三位。娘のひとりが後一条天皇(道長の外孫)の乳母になった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのこれのり【藤原惟憲】

963‐1033(応和3‐長元6)
平安中期の廷臣。家系は高藤流,祖父は中納言為輔,父は駿河守惟孝。藤原道長の家司(けいし)として信任され,因幡,甲斐,近江の守,右馬頭等を歴任,また1017年(寛仁1)敦明親王が東宮を辞退し,道長の外孫敦良親王が東宮に立つと,その春宮亮に任ぜられた。1016年(長和5)道長の土御門第の西隣の惟憲宅から出火,道長邸や法興院など多くの家が焼失した。土御門第は18年再建し移徙(いし)が行われたが,彼の家の移徙も同日行われ世人の不審を買った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の藤原惟憲の言及

【受領】より

…彼らは,その強大な力にものを言わせて正規の徴収物のほかに多くの加徴を行い,莫大な富を築いた。農民からその非法を訴えられた藤原元命(もとなが)の例(《尾張国郡司百姓等解文》)や,莫大な財宝をたずさえて帰京し,《小右記》の筆者藤原実資に〈貪欲なり〉と評された藤原惟憲の例など,その収奪の過酷さと貪欲さを伝える史料は多い。ただ彼らとても,まったく無制限な収奪が可能だったわけではなく,一応のルールに従ったうえで可能なかぎりの増徴を行ったものと思われる。…

※「藤原惟憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原惟憲の関連キーワード北陸新幹線応和刑部武並覚慶(1)済慶緝子内親王仲算長谷部永盛遍救林豪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone