コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇州語 そしゅうご

1件 の用語解説(蘇州語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そしゅうご【蘇州語】

中国,江蘇省東半と浙江省北東部大半を占める地域に分布する中国語の方言群(蘇州,上海,常州,無錫(むしやく),寧波(ニンポー),紹興方言など)を呉語(呉方言)と呼ぶ。使用人口は推定4600万人,蘇州語はその中核をなす。中国語では蘇州話という。春秋時代(前6~前5世紀),呉王夫差が越王句践に滅ぼされ呉越が合併するが,この両国の位置が現在の呉語地区とほぼ一致する。呉越の言葉はその後,楚の言葉と接触し,この地域に独特の一大方言を形成したとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蘇州語の関連キーワード江蘇省紹興酒銭塘江径山寺杭州湾紹興清涼山寧波臨海長江(揚子江)デルタ地帯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone