コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎落 モガリ

3件 の用語解説(虎落の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もがり【虎落】

《語源未詳。中国で粗い割り竹を組んで作った垣をいう「虎落」の用字を転用したもの》
竹を筋違いに組み合わせ、縄で結び固めた柵(さく)や垣根。
特に紺屋で、枝つきの竹を立て並べ、物を掛けて干すもの。
「―の陰にかくれしを、それとも知らで帰りしは」〈浄・重井筒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もがり【虎落】

城郭の防御施設の一種。竹を立て,結(ゆ)い並べて人馬の動きを妨げる竹矢来(やらい)のようなもの。〈模雁〉や〈茂架籬〉の字をあてることもある。虎落の字は中国の城塞の周りにめぐらした同様の施設の語によったもので,これに〈もがり〉の訓をあてた。《和訓栞》に〈もがり 竹を並べ行馬のごとく,毎節に枝を存し,物をかけほすに便りするをいふは,曲りの義なるべし〉,あるいは〈もぎはもがり也,かり反ぎ也〉とあり,《築城記》に〈モガリ竹ハ枝をソギてもくまじき也,又所々木の柱をたつる也〉とあるので,〈もがり〉の語源は〈曲り〉とも〈もぐ〉とも考えられるが,定かでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もがり【虎落】

竹を筋かいに組み合わせて縄で縛った柵さくや垣根。 「牛若なのめに思し召し、-の内へ尋ね入り/幸若・烏帽子折」
枝のついた竹を立て並べ、物を掛けて干すのに使うもの。もがり竿。 「門の戸あくれば徳兵衛-の蔭に隠れしを/浄瑠璃・重井筒 」 〔中国で、「虎落」は割竹を連ねて作った竹矢来の意。その用字を当てたもので、「もがり」の語源は未詳〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虎落の関連キーワード平城角を立てる清水垣耳を立てる城郭隅櫓名を立てる乱杭筮筒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone