コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚/空/洞 ウロ

デジタル大辞泉の解説

うろ【虚/空/洞】

内部が空になっているところ。うつろ。ほら。空洞。「古木の―」

きょ【虚】

備えのないこと。油断。すき。「敵のに付け入る」
事実でないこと。うそ。いつわり。「と実が入りまじる」⇔実(じつ)
中身・実体がないこと。むなしいこと。うつろ。から。
「人に実あって、偽り多し。その心(しん)は本(もと)―にして」〈浮・永代蔵・一〉
二十八宿の一。北方の第四宿。水瓶(みずがめ)座のβ(ベータ)星と小馬座のα(アルファ)星をさす。とみてぼし。虚宿

きょ【虚】[漢字項目]

常用漢字] [音]キョ(漢) (呉) [訓]むなしい うそ そら から うつけ うつろ うろ
〈キョ〉
からっぽで何もない。むなしい。「虚無盈虚(えいきょ)空虚
うわべだけで中身がない。「虚栄虚飾虚勢虚名虚礼
うそ。いつわり。「虚偽虚言虚構虚実虚報虚妄
気力や精気が足りない。「虚弱虚脱腎虚(じんきょ)
備えがないこと。すき。「虚虚実実
邪心を持たない。「虚心謙虚
「虚数」の略。「虚根
〈コ〉
むなしい。「虚空虚無僧
うそ。「虚仮(こけ)
[難読]虚貝(うつせがい)虚言(そらごと)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつせ【虚】

「うつせがい」の略。 「いづれの底の-にまじりけむ/源氏 蜻蛉

きょ【虚】

備えのないこと。油断。 「相手の-につけこむ」
うそ。いつわり。 ⇔ じつ 「実か-かいうて見や/浮世草子・禁短気」
二十八宿の一。北方の星宿。虚宿。とみてぼし。
[句項目] 虚に乗ずる 虚を衝く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

虚/空/洞の関連キーワードゴールドブラット現象狭心症/心筋梗塞無症候性心筋虚血虚鐸伝記国字解無痛性心筋虚血冠状動脈硬化症冠状動脈疾患冠動脈心疾患急性心筋梗塞冠動脈血栓症虚鈴(虚霊)虚血性心疾患核医学的検査脳虚血発作心虚血状態虚血性発作虚血発作虚堂智愚とみて星浮世草子

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android