(読み)ウロ

デジタル大辞泉の解説

うろ【虚/空/洞】

内部が空になっているところ。うつろ。ほら。空洞。「古木の―」

きょ【虚】

備えのないこと。油断。すき。「敵のに付け入る」
事実でないこと。うそ。いつわり。「と実が入りまじる」⇔実(じつ)
中身・実体がないこと。むなしいこと。うつろ。から。
「人に実あって、偽り多し。その心(しん)は本(もと)―にして」〈浮・永代蔵・一〉
二十八宿の一。北方の第四宿。水瓶(みずがめ)のβ(ベータ)星と小馬座のα(アルファ)星をさす。とみてぼし。虚宿。

きょ【虚】[漢字項目]

常用漢字] [音]キョ(漢) (呉) [訓]むなしい うそ そら から うつけ うつろ うろ
〈キョ〉
からっぽで何もない。むなしい。「虚無盈虚(えいきょ)空虚
うわべだけで中身がない。「虚栄虚飾虚勢虚名虚礼
うそ。いつわり。「虚偽虚言虚構虚実虚報虚妄
気力や精気が足りない。「虚弱虚脱腎虚(じんきょ)
備えがないこと。すき。「虚虚実実
邪心を持たない。「虚心謙虚
「虚数」の略。「虚根
〈コ〉
むなしい。「虚空虚無僧
うそ。「虚仮(こけ)
[難読]虚貝(うつせがい)虚言(そらごと)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うろ【虚】

〘名〙 内部がからになっているところ。うつろ。ほらあな。
※曾我物語(南北朝頃)二「かの木のうろに、竹の葉おほへる物あり」

きょ【虚】

[1] 〘名〙
① むなしいこと。内容のないこと。人のいないこと。空虚。うつろ。から。⇔実(じつ)
※史記抄(1477)一八「常は竹の中の虚をば規模に云へども」 〔礼記‐少儀〕
② 雑念や私欲などのないこと。また、わだかまりのない平明な心。虚心。〔易経‐咸卦〕
③ 備えのないこと。すきがあること。油断。不用意。
※太平記(14C後)二二「見其虚(キョ)則進、見其実則止」 〔史記‐孫子伝〕
④ 事実でないこと。⇔実(じつ)
(イ) うそ。いつわり。そらごと。虚言。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「そなたの身請をする我心底は、実か虚(キョ)かいふて見や」 〔史記‐信陵君伝賛〕
(ロ) 寓言。虚構。フィクション。
※俳諧・常盤屋の句合(1680)一八番「作のうちに作有て、虚の中に実をふくめり」
⑤ あな。すきま。「虚を漏りくる風」
⑥ 漢方医学の用語で、不足の意。体の機能や症状が衰弱していること。また、元気や気力のない状態。虚弱。
※病論俗解集(1639)「虚実(きょじつ) 有る物のの無くなったのを虚と云。又自汗盗汗或は不食して痩せ衰へなどするを虚と云ぞ」
⑦ そら。大空。
※古事談(1212‐15頃)一「黒雲蓋虚」 〔管子‐心術上〕
[2] 二十八宿の一つ。玄武七宿の第四宿。今の水瓶座のβ(ベータ)星とその隣の小馬座のα(アルファ)星との二個の星を合わせたもの。虚宿。とみてぼし。〔易林本節用集(1597)〕
※制度通(1724)一「斗、牛、女、虚、危、室、壁の七宿、その並びやう蛇の亀をまとふが如し」

きょ‐・す【虚】

〘自サ変〙 空(から)になる。また、精気がなくなる。腎虚(じんきょ)になる。
※全九集(1566頃)一「脾の臓虚しれ、不食し、手足つかれて、ものうき事を」
※浮世草子・風流曲三味線(1706)三「今(いま)(こころ)(キョ)してあのごとくなられしものならん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報