コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難渋 ナンジュウ

2件 の用語解説(難渋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なん‐じゅう〔‐ジフ〕【難渋】

[名・形動](スル)
物事の処置や進行がむずかしくてすらすらいかないこと。また、そのさま。「交渉は難渋している」
「風俗史を編成すること頗る―なる業なるのみか」〈逍遥小説神髄
困ること。もてあますこと。また、そのさま。「泥道を歩くのに難渋する」
「脚に―な腫物があった」〈鏡花高野聖
生活が苦しいこと。貧乏なこと。「不景気で暮らし向きが難渋する」
「徒に有産の輩を覆して無産の―に陥れたるに似たれども」〈福沢文明論之概略
人に金品を与えたり、貸したりするのを惜しむこと。
「主俄に欲念おこって、ほうびの金を―せしめんがため」〈仮・伊曽保・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんじゅう【難渋】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
物事がすらすらと運ばない・こと(さま)。 「交渉が-する」 「悪路に-をきわめる」
苦しむこと。困ること。また、そのさま。難儀。 「病気がちで-する」 「殺しはてては-なり沈鯨しもりくじらと仕なしては引き揚げ難し/いさなとり 露伴
出し惜しみすること。惜しみ渋ること。 「生俄に欲念おこつて、褒美のかねを-せしめんがため/仮名草子・伊曽保物語」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難渋の関連キーワード果断緩慢急速賢明処置無し手際皮相不手際専断付託

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

難渋の関連情報