コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難渋 ナンジュウ

デジタル大辞泉の解説

なん‐じゅう〔‐ジフ〕【難渋】

[名・形動](スル)
物事の処置や進行がむずかしくてすらすらいかないこと。また、そのさま。「交渉は難渋している」
「風俗史を編成すること頗る―なる業なるのみか」〈逍遥小説神髄
困ること。もてあますこと。また、そのさま。「泥道を歩くのに難渋する」
「脚に―な腫物があった」〈鏡花高野聖
生活が苦しいこと。貧乏なこと。「不景気で暮らし向きが難渋する」
「徒に有産の輩を覆して無産の―に陥れたるに似たれども」〈福沢文明論之概略
人に金品を与えたり、貸したりするのを惜しむこと。
「主俄に欲念おこって、ほうびの金を―せしめんがため」〈仮・伊曽保・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんじゅう【難渋】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
物事がすらすらと運ばない・こと(さま)。 「交渉が-する」 「悪路に-をきわめる」
苦しむこと。困ること。また、そのさま。難儀。 「病気がちで-する」 「殺しはてては-なり沈鯨しもりくじらと仕なしては引き揚げ難し/いさなとり 露伴
出し惜しみすること。惜しみ渋ること。 「生俄に欲念おこつて、褒美のかねを-せしめんがため/仮名草子・伊曽保物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

難渋の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃シラー(Friedrich von Schiller)プランク(ドイツの理論物理学者)難・南・男・納・軟・難全日本自治団体労働組合高根(岐阜県)口腔底蜂巣織炎二重ローン問題泣き輪・泣輪五品江戸廻令丹那トンネルギリシア神話境界線分裂病北陸トンネル泥む・滞む北京議定書外耳道異物林八右衛門煩う・患う焦燥・焦躁

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難渋の関連情報