コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ物 ミツモノ

3件 の用語解説(三つ物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつ‐もの【三つ物】

武具で、鎧(よろい)兜(かぶと)の称。
騎射で、流鏑馬(やぶさめ)笠懸(かさがけ)犬追物(いぬおうもの)の称。後世、流鏑馬の代わりに歩射(ぶしゃ)を加えた。
連歌・俳諧で、発句脇句第三の3句。早くからこの3句だけを詠むことが行われたが、近世以降、歳旦(さいたん)の祝いとして詠まれた。
武家の奏者の所持する品物で、太刀折り紙状箱の称。
料理で、口取り・刺し身・焼き魚、または、椀盛り・刺し身・甘煮の3品をいう。
三つ身の着物のこと。
《引き解いて、表・裏・中綿の三つに分けて売ったところから》古着のこと。
「―を下女は値ばかり聞いてみる」〈柳多留・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みつもの【三つ物】

連歌・俳諧用語。連句巻頭の3句である発句(ほつく)・脇(脇句)・第三を独立させたもの。前句に付けて前々句(打越(うちこし))から離れるのが連句の原則であるから,連句の最小単位はつねに3句であるが,ことに巻頭3句は重視された。万句・千句の興行ではあらかじめ三つ物だけを準備したといわれ,西鶴の《生玉(いくたま)万句》はその三つ物集である。宗匠家では元旦に側近の連衆と三つ物を3組よむのが慣習で,歳旦三つ物と称し,俳諧時代には刷物として配られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みつもの【三つ物】

武具の三種。鎧よろいの胴・袖と兜かぶと
騎射の三様式。流鏑馬やぶさめ・笠懸かさがけ・犬追物いぬおうもの。流鏑馬の代わりに歩射ぶしやを入れることもある。
連歌・俳諧で、発句・脇・第三の三句のこと。連歌では千句興行の際あらかじめ用意し会席に掛けたといわれ、俳諧では歳旦の祝いとして正月吉日に詠まれた。
料理にいう語。椀盛り・刺身・甘煮、または口取り・刺身・焼き肴ざかなの三品。 「広蓋、-、銚子、盃など取り散らし/歌舞伎・青砥稿」
田楽で、鼓・笛など同種の鳴り物を三つそろえて用いること。
〔表・裏・中綿に解いて売ったことから〕 古着のこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三つ物の言及

【連歌】より

…詩形式の一つ。5・7・5の句(長句)と7・7の句(短句)を交互に複数の作者が詠み進めて一定の句数(普通は100句)で完結させるもの。一人の作者が詠み通す場合(〈独吟〉という)もある。また100句(〈百韻(ひやくいん)〉という)を10回連作して〈千句〉とすることも多い。
[成立]
 記紀歌謡のヤマトタケルと御火焼之老人(みひたきのおきな)との片歌による問答(5・7・7/5・7・7)を連歌の起源とする立場が古来あり,〈新治(にいばり)筑波を過ぎて……〉というヤマトタケルの歌から,〈筑波の道〉が連歌の別称となった。…

※「三つ物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三つ物の関連キーワード馬鎧一縮衡胴二の板武具胸板横縫鎧武者六具壺袖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone