コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ物 ミツモノ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐もの【三つ物】

武具で、鎧(よろい)兜(かぶと)の称。
騎射で、流鏑馬(やぶさめ)笠懸(かさがけ)犬追物(いぬおうもの)の称。後世、流鏑馬の代わりに歩射(ぶしゃ)を加えた。
連歌・俳諧で、発句脇句第三の3句。早くからこの3句だけを詠むことが行われたが、近世以降、歳旦(さいたん)の祝いとして詠まれた。
武家の奏者の所持する品物で、太刀折り紙状箱の称。
料理で、口取り刺し身焼き魚、または、椀盛り刺し身甘煮の3品をいう。
三つ身の着物のこと。
《引き解いて、表・裏・中綿の三つに分けて売ったところから》古着のこと。
「―を下女は値ばかり聞いてみる」〈柳多留・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みつもの【三つ物】

連歌・俳諧用語。連句巻頭の3句である発句(ほつく)・脇(脇句)・第三を独立させたもの。前句に付けて前々句(打越(うちこし))から離れるのが連句の原則であるから,連句の最小単位はつねに3句であるが,ことに巻頭3句は重視された。万句・千句の興行ではあらかじめ三つ物だけを準備したといわれ,西鶴の《生玉(いくたま)万句》はその三つ物集である。宗匠家では元旦に側近の連衆と三つ物を3組よむのが慣習で,歳旦三つ物と称し,俳諧時代には刷物として配られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みつもの【三つ物】

武具の三種。鎧よろいの胴・袖と兜かぶと
騎射の三様式。流鏑馬やぶさめ・笠懸かさがけ・犬追物いぬおうもの。流鏑馬の代わりに歩射ぶしやを入れることもある。
連歌・俳諧で、発句・脇・第三の三句のこと。連歌では千句興行の際あらかじめ用意し会席に掛けたといわれ、俳諧では歳旦の祝いとして正月吉日に詠まれた。
料理にいう語。椀盛り・刺身・甘煮、または口取り・刺身・焼き肴ざかなの三品。 「広蓋、-、銚子、盃など取り散らし/歌舞伎・青砥稿」
田楽で、鼓・笛など同種の鳴り物を三つそろえて用いること。
〔表・裏・中綿に解いて売ったことから〕 古着のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三つ物の言及

【連歌】より

…詩形式の一つ。5・7・5の句(長句)と7・7の句(短句)を交互に複数の作者が詠み進めて一定の句数(普通は100句)で完結させるもの。一人の作者が詠み通す場合(〈独吟〉という)もある。また100句(〈百韻(ひやくいん)〉という)を10回連作して〈千句〉とすることも多い。
[成立]
 記紀歌謡のヤマトタケルと御火焼之老人(みひたきのおきな)との片歌による問答(5・7・7/5・7・7)を連歌の起源とする立場が古来あり,〈新治(にいばり)筑波を過ぎて……〉というヤマトタケルの歌から,〈筑波の道〉が連歌の別称となった。…

※「三つ物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三つ物の関連キーワード津軽じょんがら節津軽三味線生玉万句歳旦開き石川勾当人形筆西行桜八重衣四つ物小具足歳旦帳笠懸春興腹巻青柳中綿虚栗

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android